2015年(平成27年)日本民間放送連盟賞において「ドラマW 十月十日の進化論」が優秀を受賞

PR TIMES / 2015年9月17日 14時18分



[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2877/resize/d1355-2877-886300-1.jpg ]

 株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が制作し、今年3月に放送した「ドラマW 十月(とつき)十日(とおか)の進化論」が、平成27年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビドラマ番組で優秀を受賞しました。

 本作品は、第7回WOWOWシナリオ大賞受賞作品を映像化したドラマで、尾野真千子を主演に迎え、奔放でマイペースで不器用な主人公が命を宿したことで自分も“進化”していくハートフルストーリーです。今回、「印象的なシーンや会話を盛り込み、オーソドックスなテーマを扱っていながらも新しさを感じさせる作品に仕上がっている」との評価を受け、同賞を受賞いたしました。当社は、今回の受賞を記念して11月30日(月)に同番組を再放送する予定です。

 日本民間放送連盟賞は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953年に創設した賞です。

 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトのもと、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

【お問い合わせ先】
(マスコミ関係)広報部  TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部  TEL03(4330)8089

■「ドラマW 十月十日の進化論」概要
初回放送
2015年3月28日(土)

再放送予定
2015年11月30日(月)夜6:00 [WOWOWプライム]

番組内容 ※番組情報は初回放送時のものです。
東京で独身生活を送る昆虫分類学博士・小林鈴(尾野真千子)は、ある日突然勤めていた大学を解雇されてしまう。研究分野の狭さと偏屈な性格が災いしたのだ。その夜鈴は、訳あって同じ戸籍には入っていない実父・中村保(でんでん)が営む喫茶店で昔の恋人・安藤武(田中圭)と再会する。武は酔いつぶれた鈴を家まで送っていくことに。果たして2人は酔った勢いで一夜をともにし、それから約5週間後、鈴の妊娠が発覚する。人間は胎児の間の十月十日で生命30数億年の進化を再現するという神秘を書物から知り、産む決意を固めていく鈴。だが、武には子どものことを切り出せない。ようやく決まった仕事も思うようにいかず、ふてくされる日が続く中、母親・小林文子(りりィ)が実家から上京してくることに。そこで妊娠がばれ、叱責されるが、子どもをひとりで産み育てる気持ちに変わりはない。鈴が意固地になるには、ある秘められた過去があった。

<スタッフ・キャスト>
出演         尾野真千子、田中圭、でんでん、りりィ
               佐々木すみ江、斉木しげる、佐藤仁美
               小池里奈、森谷文子、嶋田久作、志賀廣太郎
脚本 栄弥生
監督 市井昌秀
音楽     曽我部恵一
主題歌 曽我部恵一「反射して光る」(ROSE RECORDS)

■DVD発売情報

DVD 10月28日(水)発売(TSUTAYAだけ独占レンタル中)
定価:3,800円(税別)
発売元:WOWOW
販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル販売協力:TCエンタテインメント

以 上 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング