1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

IoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を発売

PR TIMES / 2021年7月12日 13時45分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/4312/resize/d3442-4312-1295d0ae2a63b160205a-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、「キッチンポケット(※1)」アプリとの連携により本体に登録する炊飯コースをカスタマイズでき、炊飯以外の調理機能も拡充した、炊飯と調理1台2役の新たな調理器 IoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を2021年9月1日より発売します。

お客様のライフスタイルは多様化しており、食に対する価値観や家電に求める機能も様々です。パナソニックは、お客様それぞれのニーズに合った価値を提案するため、本体は基本機能に絞った商品でありながら、スペックを自分仕様にカスタマイズできる「マイスペック」ライス&クッカーを発売します。本製品は、パナソニックの従来の炊飯器のように本体に搭載された多数のコースの中から選択して使用するのではなく、よく使用する3種類の炊飯コースのみを選んで本体に登録することで、シンプルな操作性を実現します。他のコースはスマートフォンのアプリから簡単に入れ替えることが可能です。

また、ほったらかし調理のニーズも拡大するなか(※2)、炊飯器を使用したレシピも多数存在し、炊飯器に欲しい付加機能として、調理機能が上位になっています(※2)。本製品は、スープや煮込み料理、ケーキなどに対応する調理機能を搭載しました。食材の温度変化を検知し、適切な火加減や時間で調理することができます。

さらに、アプリを通じて、その年のお米の出来栄えに応じて炊き方を更新したり、調理できるレシピが新しく追加されるなど、購入後も機能を進化させることができます。

パナソニックは、多様化するお客様のライフスタイルや調理ニーズに応える製品とサービスを提供することで、日々のおいしい食卓をサポートし、「おいしいの笑顔」を創出します。

<特長>
1.「キッチンポケット(※1)」アプリで、本体に登録する炊飯コースを自分仕様にカスタマイズ。
よく使う機能に絞ったシンプルなUIデザイン。

2. 調理機能搭載。アプリで選んだレシピを本体に送信して調理が可能。
*食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」とのコラボレーションメニューを含む新しいレシピをアプリで配信

3.「キッチンポケット(※1)」アプリで、その年のお米の出来栄えに合わせて炊き方を更新(※3)。
購入後も機能をアップデート。

【品名】IoT対応IHジャー炊飯器「ライス&クッカー」
【品番】SR-UNX101
【炊飯容量(白米)】0.09~1.0 L
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2021年9月1日
【月産台数】4,000台

●無線LAN接続した場合の特長を記載しています。無線LAN接続しないと、使用できない機能もあります。

※1:スマートフォンの対応機種について詳細はホームページをご覧ください。
※2:パナソニック調べ 2021年5月実施調査 N=542
※3:予告なく変更・終了することがあります。

【お問い合わせ先】
パナソニック 調理商品ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-694(受付9時~18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] IoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を発売(2021年07月12日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/07/jn210712-1/jn210712-1.html

<関連情報>
・パナソニック ジャー炊飯器
https://panasonic.jp/suihan/
・パナソニック ライス&クッカー
https://youtu.be/giu6bGc_fd0

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=giu6bGc_fd0 ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング