ダラス・マーベリックスがシティ・エディション・ユニフォームの新デザインを発表

NBA Rakuten / 2019年11月20日 12時0分



今シーズンは22試合でシティ・エディション・ユニフォームを着用する予定


ダラス・マーベリックスが、2019-20シーズンのシティ・エディション・ユニフォームと、そのユニフォームを着用する際に使用するコートの新デザインを発表した。

このシティ・エディションのデザインは『アートとバスケットボールの融合』がテーマとなっており、現地11月26日のロサンゼルス・クリッパーズ戦の試合前には、マーベリックスとダラスのアート・コミュニティーの共催によるイベントも開催される。

新しいシティ・エディションのデザインの特徴は、アクション・グリーンとコースタル・ブルーの二色を基調とすることで、ダラスの街とマーベリックスの誇りを融合させた点だ。また、胸元の『MAVS』のフォントには、ダラス地区で生まれたグラフィティ・アートの文化を反映した文字が採用されている。マーベリックスは、大胆な色使いとダイナミックなラインを使ったストリート・アートで有名なダラス在住のアーティストであるテックス・モートン氏とパートナーシップを結んで、このデザインを完成させた。

また、ユニフォームのジョック・タグには、ダラスの人々のアートとスポーツへの情熱と、テキサス魂を表現する「Deep in the Heart」というフレーズが刻まれている。

マーベリックスは、同26日のクリッパーズ戦を含む今シーズンの22試合で、このシティ・エディション・ユニフォームを着用する予定だ。




(C)2019 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング