1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

遺体は他殺と断定、Netflix『未解決ミステリー』で注目集めた事件

Rolling Stone Japan / 2021年4月8日 6時45分

アロンゾ・ブルックスさん(©︎Netflix)

2004年に米カンザス州で行われたパーティに出席した後行方がわからなくなり、その後遺体で発見された23歳の黒人男性アロンゾ・ブルックスさんの死因が他殺だと再検視で断定された、とAP通信が報じた。

【動画を見る】謎の死を検証したドキュメンタリー

ブルックスさんの遺体は昨年カンザス州トピカにある墓地から掘り起こされ、デラウェア州にあるドーバー空軍基地で連邦法医学者による再検視が行われた。FBIは2019年に捜査を再開し、昨年夏には事件解明の糸口となり得る情報に10万ドルの懸賞金をかけた。Netflixでリブートされた『未解決ミステリー(Unsolved Mysteries)』でブルックスさんの事件が取り上げられたのはそれからすぐのことだった。『未解決ミステリー』はアメリカで1987年〜2010年に放映されたドキュメンタリーで、昨年Netflixで新たなシリーズが始まった。アロンゾさんの回は特に反響が大きく、多くの情報が寄せられたという。

再検視では検視官曰く「通常と腐敗の進行が異なる箇所」に残された傷が重点的に調べられた。カンザス州検事総長代理ダストン・スリンカード氏は声明で「アロンゾ・ブルックスさんの死について多くの謎が残ったままだということを我々は知っており、今回、世界一の法医学者と専門家たちによる再検視により事故死ではないとはっきり結果が出ました。アロンゾ・ブルックスさんは殺されたのです。犯人を必ず法の下で裁くため、我々の持つ全ての力を結集し捜査にあたっています」

カンザス連邦地検が2020年に発表したプレスリリースによると、FBIはブルックスさんの事件を「人種差別に基づくヘイトクライムの可能性がある」と見て再捜査を行っている。2004年4月にカンザス州ラシーンで行われたパーティに出席した約100人のうち黒人男性は彼を含め3人で、ブルックスさんの友人たちは先に帰路についていたため、帰りの足がなかった。

ブルックスさん翌日になっても帰らないと家族はリン郡保安官事務所に捜索願を出したが、手がかりは何も見つからなかった。1カ月近く経ったある日、家族と友人たちが自ら捜索に出ると、開始から1時間も経たずにブルックスさんの遺体が小川で発見された。

容疑者は未だ不明のままだが、殺害の動機を示唆する噂が捜査線上に浮かんできた。「ブルックスさんが女性に言い寄っていた、酒に酔った白人の男たちが黒人の男と喧嘩をしたがっていた、人種差別的な白人がブルックスさんの存在自体に苛立っていた、という供述があったが、パーティ終了時に確定している不可解な事実は2つ:アロンゾさんの行方がわからなくなっていたこと、そして彼の身に何があったかパーティの出席者が誰も話そうとしないことだ」と2020年、司法省のプレスリリースで発表されている。

from Rolling Stone US



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング