[REPORT] テティソ、少女時代をうのみにする“ユニットの反撃”が始まった!

THE FACT JAPAN / 2014年9月17日 16時33分

少女時代のユニット・テティソの新曲『Holler』を発表するカムバックショーケースが16日午後、ソウル市内にあるオリンピック公園内ウリ金融アートで開かれた。|写真:キム・スルギ記者


「2年ぶりですね。会いたかった!」
気まぐれな天気が続く最近、夏と別れたくない人々と、両手を広げて秋を歓迎する人々、そんな彼らを満足させるための新譜が出てきた。ガールズグループ少女時代のユニット「テティソ」(テヨン、ティファニー、ソヒョン)がその主役。2年ぶりの新譜、2ndミニアルバム「Holler」を発表した。
16日の午後7時、ソウル・芳荑洞(パンイドン)にあるオリンピック公園内・ウリ金融アートホールで、「Holler」の発売記念ショーケースが開催された。タイトルはショーケースだが、現場はすでにコンサート以上のバラエティな音楽祭り。テティソのファンらは1000席を空席なく埋め尽くし、開演前からピンク色のペンライトを振りながら熱気を噴出した。

約束の時間。いよいよテティソがステージに上がってきた。タータンチェック柄の衣装を個性に合わせて着た3人のメンバーは、ユニットのデビュー曲『Twinkle』でスタートを切った。オープニングから爽やかに歌う3人の姿に、ファンらは熱狂的に歓声し、特に男性ファンらの熱いかけ声が場内の隅々まで響いた。
楽しく公演の始まりを知らせたテヨン、ティファニー、ソヒョンは、次のステージで雰囲気をガラリと変え、甘いステージを用意した。1stミニアルバムの収録曲『Baby Steps』で感性が爆発するステージを繰り広げるテティソは、これまで少女時代としての完全体やテティソとしてショーケースを開いたことがなく、この日のステージで1stアルバムの収録曲を連続して歌いながら祭りを満喫した。
2曲を終えたテティソは、明るい笑顔でファンらにあいさつ。ソヒョンは「みなさん、会いたかったです!ミニ2集でお会いできて嬉しいです」と伝え、ティファニーは「映画の試写会のような場が多いですが、私たちも今回ニューアルバムのステージを先に公開することになりました。一緒に楽しんでいきましょうね」と叫んだ。

1stアルバムの収録曲『Love Sick』を歌ったあとは、本格的な新曲ステージが始まった。その1曲目の『アドレナリン (Adrenaline)』は、楽しいビート感が一品な楽曲。3人のメンバーはビートに合わせたパフォーマンスで客席と呼吸した。ソファを道具にして男性ダンサーらと激しい振り付けをみせると、ファンらは一気に興奮の渦に包み込まれた。
アルバムの紹介とパフォーマンスに先立って、SHINeeのミンホが司会者として登場した。彼は「テティソの初めてのショーケースを仕切ることになってとても光栄です。2枚目のアルバム発売を控えて、みなさんもそのステージをもっとも先に見られる貴重な機会を得られました。僕たちみんな、目の保養になります!」とウイットに富んだコメントで会場を沸かせた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング