元少女時代のジェシカ、SM イ・スマン代表の妻“死去”に「驚いた。ご冥福を」

THE FACT JAPAN / 2014年10月7日 9時39分

少女時代から解雇されたジェシカがSMエンターテイメントのイ・スマン代表の妻の死去に哀悼の意を伝えた。




少女時代から解雇されたジェシカもSMエンターテイメントのイ・スマン代表の妻の死去に哀悼の意を伝えた。
5日のSMエンターテイメントの発表によると、イ・スマン代表プロデューサーの妻であるキム・ウンジンさんが先月30日に小腸がんで亡くなった。キム・ウンジンさんは、2012年12月に小腸がんを見つけた後、抗がん治療を続けてきたが、がんが再発して生涯を終えた。
こういう訃報に所属アーティストの哀悼の意が続いている中、ジェシカも6日午後、自身のウェイボーに「突然のニュースに接して驚き、心が重い」とし「ご冥福を祈ります」と哀悼の意を残した。
一方、ジェシカは自分が立ち上げたファッションブランド「BLANC」を巡り、人気ガールズグルーブ少女時代から脱退することになった。
THE FACT|eニュースチーム

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング