iKON、6人目のメンバーは「チョン・チャヌ」

THE FACT JAPAN / 2014年11月6日 15時24分

YGエンターテインメントによる新ボーイズグループiKONの6人目のメンバーに、チョン・チャヌが選ばれた。|YGエンターテインメント


iKONの6人目のメンバーがベールを脱いだ。Team B出身メンバーではないニューフェイスのチョン・チャヌがその主人公。
YGエンターテインメントは6日午前0時、公式ブログYG LIFEを通じてiKONの6人目のメンバーに選ばれたチョン・チャヌの写真を公開した。これによりチャヌは、すでに確定されているBOBBY、B.I、キム・ジンファン、ク・ジュンフェ、ソン・ユンヒョンとともにメジャーデビューを果たすことになった。
チョン・チャヌは子役俳優出身で、ドラマ「カインとアベル」のシン・ヒョンジュン、「花より男子」(韓国版)、「相続者たち」の主役イ・ミンホの子役などを演じた。ハンサムなルックスと甘い笑顔が魅力ポイントで多くの女性ファンから支持されている。
一方、iKONのメンバーはYGとMnetがタッグを組んだサバイバル番組「MIX&MATCH」を通じて選抜している。現在残った席は一つ。Team B出身のキム・ドンヒョク、YG練習生のチョン・ジンヒョン、ヤン・ホンソクが競演中である。
YGは6日(今日)の夜11時から放送される「MIX&MATCH」の最終回で、最後となる7人目のメンバーを発表する予定だ。
THE FACT|パク・ソヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング