“バラードの集大成” Toy、7年ぶりの新譜がチャート席巻!

THE FACT JAPAN / 2014年11月18日 14時8分

Toyが18日午前0時に7thフルアルバム「Da Capo」を公開した。|© アンテナミュージック


実力派シンガーソングライター ユ・ヒヨルのワンマンプロジェット・Toyの7年ぶり新譜が音楽チャートを席巻している。
18日午前0時、Toyは7thフルアルバム「Da Capo」の音源を公開した。タイトル曲『3人』(withソン・シギョン)は配信を開始してすぐMelOn、Mnetなどの音源チャートで1位を記録。以来9つの音源チャートでも首位を獲得し、ほとんどのチャートで1位はもちろんトップ10内に収録曲が並ぶ珍風景を見せている。
ユ・ヒヨルのベストフレンドであり音楽仲間でもあるユン・ジョンシンは、同日自身のTwitterに「お疲れさま!君だけの感じをみんなあれほど待ってたんだね。シギョンの声と君のメロディーが今年の冬を暖かくしてくれるだろう」と感動を伝えた。
今作は久々の新譜であるが、アルバムに参加した客員ボーカルらの顔ぶりでも話題を呼んだ。タイトル曲『3人』を歌うソン・シギョンを筆頭に、イ・ジョク、キム・ドンリュル、Dynamic Duo、Beenzino、キム・イェリム、クォン・ジナ、ソヌ・ジョンア、楽童ミュージシャンのイ・スヒョンが各曲のボーカルを務めた。各自が音楽界で高い評価を受けている実力者だけに、アルバムに対する反応はますます熱くなっている。
一方、アルバムのタイトル「Da Capo」は、“初心に戻って演奏せよ”という意味を持つ音楽用語。初めに戻って大衆に会いたいというユ・ヒヨルの意志が込められている。
THE FACT|オ・セフン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング