[独占特集] 2014年もっとも多くクリックされたスクープは?

THE FACT JAPAN / 2014年12月28日 8時0分

2014年、<THE FACT>と<スポーツソウルJAPAN>は、少女時代ティファニー&2PMニックン(上)の熱愛現場、サッカー選手ソン・フンミン&Girl's Dayミナのデート現場を独占で報道した。|ムン・ビョンヒ、チェ・ジンソク記者


※<スポーツソウルJAPAN>の独占記事は、スポーツソウルメディアの<THE FACT>からの独占記事を日本語に訳して発信しています
2014年にも<THE FACT>の粘り強い取材力が証明できた。1月、少女時代のスヨンと俳優チョン・ギョンホの熱愛報道を筆頭に、<THE FACT>のスクープは少女時代のティファニーと2PMのニックン。少女時代のヒョヨンと作家キム・ジュニョン。Brown Eyed Girlsのガインと俳優チュ・ジフン。俳優チョン・ジョンミョンと一般人女性。女優コン・ヒョジンと俳優イ・ジヌク。サッカー選手のソン・フンミンとGirl's Dayのミナ、水泳選手のパク・テファンとチャン・イェウォン女子アナのデート現場を独占で捉え、今月24日は女優パク・ハンビョルと俳優チョン・ウヌの熱愛報道でネット中を沸騰させた。
現場取材で捉えた芸能界のスクープは全部で9件。他の分野でも<THE FACT>はプロ野球選手のイム・チャンヨン(林昌勇)の結婚間近報道や、サッカー選手イ・チョンヨン結婚発表。ボリョングループの後継者キム・ジョンギュンとミスコリア出身チャン・ユンヒの結婚式。軍野球団の軍紀乱れの現場、国会議員キム・サンミンとキム・ギョンラン女子アナの結婚発表など、スポーツ、政治、経済などさまざまな分野でスクープを報道した。
2015年を目前にしたここで、<THE FACT>は今年の一年間報道してきた独占記事を改めてまとめる時間を設けてみた。もっとも熱い反応が寄せられたスクープはどんなニュースで、ネットユーザーからもっとも多いクリック数を記録した記事は、果たしてどの記事だったのか、これから読者のみなさまに紹介したい。

<THE FACT>独自のデータベースの中でもっとも多くネットユーザーからクリック数を記録した記事は、サッカー選手ソン・フンミン&Girl's Dayミナのデート現場を捉えたものだった。(該当記事リンク http://bit.ly/1D0JdiA)当時、二人のデート現場をまとめた記事は、一日だけで<THE FACT>サイトから188万人が読んだ。まとめ記事のほかに、二人のデートコース、ファッション、過去の発言などの関連記事まで合わせるとクリック数は400万件にのぼる。PV(ページビュー)は1600万件を超えた。
特にこの数値は、ポータルサイトを経由せずに<THE FACT>のPCサイトとモバイルサイト、アプリに直接アクセスして記事を読んでカウントされた数字である。目を引くのは時代の流れに合わせてスマートフォンを利用して記事を読んだユーザーがもっとも多かったという部分だ。モバイルでアクセスされた読者は、PCでみたネットユーザーの2倍を超えた。ポータルサイトで記事を検索したものまで合わせれば、韓国ネット民の半分以上が記事を読んだわけだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング