【楽天Edy】20,000円分のEdyが当たるキャンペーン開始!【楽天ポイ活応援隊・特別号】

トウシル / 2020年8月28日 8時0分

写真

【楽天Edy】20,000円分のEdyが当たるキャンペーン開始!【楽天ポイ活応援隊・特別号】

 今回の楽天ポイ活応援隊は、話題のマイナンバーカード&マイナポイントにスポットを当ててオトク情報をご紹介。マイナンバーカードを持っていると、楽天のポイ活にも役立ちます! 楽天ペイアプリ、楽天Edy、楽天カードの3事業部の担当者から、それぞれのマイナンバーカード活用アドバイスを教えてもらいました!

Q:マイナンバーカードを持っていると、「楽天ポイント」や「Edy」が付与されるってホント?

A:申し込みをすると、楽天のキャッシュレス決済でマイナポイントとして「楽天ポイント」や「Edy」が付与されます!

2016年度に始まったマイナンバーカード。マイナンバーカードの交付率は約8.4%(総務省調べ:マイナンバーカード交付状況(平成29年3月8日時点。ただ、マイナンバーカードを持っていると、コロナ禍で普及される10万円の特別定額給付金のオンライン申請ができることも理由に、新規申請件数が急増していると言われています。

 総務省によるマイナンバーカード普及、およびキャッシュレス決済推進の一環として始まったのが、キャッシュレス決済事業者を通じて国から「マイナポイント」というポイントが付与される制度。2020年7月1日(水)から申し込みが開始されたお得な制度です。

 マイナンバーカードを取得し、マイナポイントを申し込む際、キャッシュレス決済サービスを選択して、チャージしたり、キャッシュレスでお買い物をしたりすると、マイナポイントが付与されます。

 申し込む際に、楽天カード、楽天ペイアプリ、楽天Edyといった、楽天グループのキャッシュレス決済サービスを選択すると、チャージやお買い物で、マイナポイントとしての楽天ポイントやEdyが付与されるだけでなく、通常付与される楽天ポイントも二重取りできるチャンス! 各サービスで条件をチェックして、自分に合ったサービスを活用しましょう。

▼マイナンバーカードと楽天のキャッシュレス決済の連携方法

 

Q:楽天ポイントやEdyはどうやったらもらえるの?

A:各サービスの条件を満たしてダブルでお得をゲットしよう!

 3サービスごとに、さまざまな条件があり、達成した方に「楽天ポイント」や「Edy」を付与しています! サービスごとの条件と、オトクポイントをまとめました! しっかりチェックして、ちゃっかりポイ活しちゃいましょう! マイナンバーカードに詳しいファイナンシャルプランナー・丸山晴美さんのマイナンバーでトクする活用講座もあり! 要チェック!

Q:楽天Edyを選ぶとどんなお得があるの?

A:Edyでの付与が選べる便利さのメリット!

答えてくれた方:楽天Edy Kさん

■楽天Edyでの申し込み方法
 楽天Edyアプリ(「おサイフケータイ®」対応のAndroid™端末)、 iPhone版Edyカード用楽天Edyアプリ、マイナポイントアプリ、コンビニ設置のマルチコピー機、ATM(9月開始予定)、市区町村窓口・郵便局などのマイナポイント手続きスポットからお申し込みを行います。
>>詳しくはこちら!

◆楽天Edyのお得ポイント!
 まずは、マイナポイントを申し込みする際、楽天Edyアプリ、マイナポイントアプリだけでなく、コンビニ設置のマルチコピー機、ATM(9月開始予定)、市区町村窓口・郵便局などのマイナポイント手続きスポット等から申し込みができる便利さが魅力です。また、スマートフォンやクレジットカードをご利用されていない方やお子様にも「Edy-楽天ポイントカード」や「楽天Edyキーホルダー」などを用意することで、簡単に家族全員分のマイナポイントの申し込み準備をすることができます。

◆全国78万カ所ですぐに使えるEdyがもらえる!
 しかし、なんといっても一番大きな魅力は、楽天Edyでマイナポイントの登録をすると、「Edy」が付与されること! 1カ月分のチャージ金額を合算し、チャージした金額の25%分を「Edy」で付与される便利さが最大の魅力(※小数点以下切り捨て。※付与された「Edy」は受け取りが必要です)。全国の楽天Edyが使えるコンビニエンスストア、ドラッグストアやスーパーマーケットなど、約78万カ所(2020年7月1日時点)ですぐにお買い物ができて便利さ倍増です! 

 さらに、楽天Edyに、楽天ポイントを貯める設定をしていると、楽天Edyが使えるお店にて楽天Edyでお支払いをすると200円(税込)ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。また、Edyチャージするとき、楽天カードからチャージすると、200円ごとに1ポイント、楽天Edyでお支払いいただくと200円(税込)ごとに1ポイント、楽天ポイントが貯まるので、楽天ポイント二重取りが実現!

◆楽天Edyが抽選で最大20,000円分の「Edy」がもらえるキャンペーンを5カ月連続開催!
「マイナポイント」の申し込みをし、当月合計1,000円以上チャージ(入金)した方の中から、抽選で最大20,000円分の「Edy」が当たります。抽選にはずれても、毎月500万円分の「Edy」を山分けでもらえる「楽天Edyで毎月20,000円分当てちマイナ!毎月最大20,000円分が当たる&はずれなしのチャンス!」を開催します!
「マイナポイント」に申し込みした「楽天Edy」で、「チャージ(入金)」しておいたら、「マイナポイント」の付与と上乗せキャンペーンの参加ができます。「チャージ(入金)」した「楽天Edy」は、すぐに決済で利用する必要はありませんので、簡単にキャンペーンに参加できます。お子様など家族の分も「楽天Edy」で「マイナポイント」の申し込みをすれば、最大20,000円分の「Edy」が当たるチャンスが増えます!

\5カ月連続で毎月開催/「楽天Edyで毎月20,000円分当てちマイナ!毎月最大20,000円分が当たる&はずれなしのチャンス!」>>

※対象のチャージ方法、特典の受取り方法・期限等のキャンペーンの詳細は、9月1日に掲載されます。必ずご確認ください。
※本キャンペーンは、予告なく中止・変更させていただく場合があります。キャンペーンの詳細に関しまして、各キャンペーン期間中に「楽天Edy」のキャンペーンページからご確認ください。
 

詳しい方法や条件はこちらからチェック!>>

※利用条件については楽天Edyのページにて詳細を必ずご確認ください>>

Q:楽天ペイ(アプリ決済)を選ぶとどんなお得があるの?

A:最大26.5%が付与されます!期間限定ポイントや楽天キャッシュのご利用もOK!

答えてくれた方:楽天ペイアプリ Fさん

■楽天ペイアプリでの申し込み方法
 楽天ペイアプリからお申し込み手続きを行います。
>>詳しくはこちら!

※対象端末はこちらからご確認ください

◆楽天ペイアプリのお得ポイント!
 楽天ペイアプリなら、期間限定ポイントを含む楽天ポイントや楽天キャッシュによるお買い物もマイナポイントの対象になります! 付与されるポイントは通常ポイントなので、ポイント投資に利用できない期間限定ポイントを楽天ペイアプリで日常のお買い物に使っていただき、マイナポイントとして付与される25%分をポイント投資に利用いただくことも可能です!

◆楽天カードでチャージした楽天キャッシュのご利用でさらにお得!
 また、7月1日から楽天ポイント・楽天キャッシュを利用したお買い物に対し、1%のポイント還元を開始しました。おススメは、楽天カードでチャージした楽天キャッシュのご利用です。チャージで0.5%、お買い物で1%の合計1.5%の楽天ポイントが付与されるので、マイナポイントとの組み合わせで最大26.5%付与されます! 期間限定ポイントやマイナポイントとして獲得した楽天ポイントのご利用でも1%の楽天ポイント(通常ポイント)が付与されるので、毎日のお買い物でどんどん楽天ポイントを獲得してください!

◆楽天ペイアプリは滋賀県と徳島県が実施するマイナポイント上乗せ事業に参加しています!
マイナポイント付与の対象となるお買い物を県内の対象店舗でされた場合、さらに上乗せで楽天ポイント(通常ポイント)がもらえます! 詳細は以下の楽天ペイアプリホームページをご確認ください。

※利用条件については楽天ペイ(アプリ決済)のページにて詳細を必ずご確認ください>>

関連記事:マイナポイントは楽天ペイアプリ!ポイント払いも対象で最大26.5%付与

Q:楽天カードを選ぶとどんなお得があるの?

A:2万円以上の利用で楽天ポイントをお得にゲット!1万ポイントが当たるクイズも実施中!

答えてくれた方:楽天カード Oさん

 楽天カードを選んだ方に対しては、楽天カードのご利用金額を累計し、2万円以上に到達した月の翌々月25日(予定)に楽天ポイント(通常ポイント)を付与します。事業終了時点(2021年3月31日(水))で累計利用金額が2万円未満でも、累計利用金額の25%分を2021年5月25日(火)頃に付与します。

■楽天カードでの申し込み方法
 楽天カードアプリからお申し込み手続きを行います。
>>詳しくはこちら!
※パソコンやマイナポイント手続きスポットからのお手続きについては、9月以降の対応を目指し、現在準備中です。

◆楽天カードのお得ポイント!
通常のカード利用獲得ポイントに加えてご利用金額の25%の楽天ポイントを付与!

 利用シーンも多い楽天カードなら2万円の達成もラクラク! 普段のお買い物に加え、楽天カードでの公共料金やふるさと納税のお支払い、投信積立もマイナポイント付与の対象です。

 これにプラスして、通常のカード利用獲得ポイントとして利用100円につき1ポイントが付与されるのでポイントの二重取りが可能!

◆クイズに答えてさらにワクワクなキャンペーンも!
 また、2020年7月29日(水)~2021年3月31日(水)の期間中、毎月10万名様に楽天ポイントが当たるキャンペーンマイナポイント×楽天カード 丸わかりクイズを実施中です!
マイナポイント×楽天カード 丸わかりクイズ>>

※利用条件については楽天カードのページにて詳細を必ずご確認ください>>

関連記事:Fan Pay! マイナポイントとは?使い方や申込方法を解説【25%ポイント付与】

FP・丸山晴美さんに聞く「マイナンバーカードのオトクな使い方」!

丸山晴美さん
ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー、節約アドバイザー。旅行代理店、コンビニ店長などを経て、2001年からマネーの専門家としてテレビ、雑誌などで幅広く活躍している。
著書に『50代から知っておきたい!年金生活の不安、解消します』、『知ってるだけで年間50万円浮く!!得するお金のスゴ技大全』などがある。

 

マイナンバーカードを作ると、令和2年度分から、青色申告の控除額に10万円もの差が!

 令和2年度以降、マイナンバーカードは「あると便利」というものから「持っているとオトク」というものに変わります。マイナンバーカードを作ることのメリットについて詳しいファイナンシャルプランナー、丸山晴美さんにお話を伺いました。

「マイナンバーカードを持っているとトクする人、それはずばり不動産所得、事業所得、山林所得がある人です。

 不動産所得、事業所得、山林所得がある人は、青色申告承認申請書を納税地の所轄税務署長に提出することで、青色申告をすることができます。

 青色申告の場合、令和2年度分からオンラインシステム「e-Tax(イータックス)」での申告または電子帳簿保存を行うと、控除額が65万円、郵送や窓口などで申告した場合は55万円と、その差10万円にも! 電子帳簿保存を行うには、帳簿を作成する3カ月前までに申請書を税務署へ提出する必要があります。導入までの手間などを考えると、e-Taxの活用がオススメです。

 e-Taxで申告する方法としては「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2つがあります。「ID・パスワード方式」は、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受ける必要があるうえ、あくまで暫定的なものです。将来的にe-Taxを利用し続けるのであれば、早めにマイナンバーカードを取得しておくことをおすすめします。

 注意点として、マイナンバーカードでe-Taxなどの電子申請をする場合は、ICチップに記録されている電子証明書が最新のものであることも確認しておきましょう。引っ越しなどで住所が変わった場合、カード表面の住所と一緒に電子証明書の書き換えもしておくと、電子申請をする際に手間取りません。また、マイナンバーカードの有効期限は10年ですが、電子情報の有効期限は5年ですので、どちらも期限前のお知らせのはがきが来たら、忘れずに更新手続きをしましょう。

 また、9月以降、登録したキャッシュレス決済でチャージまたは支払いをすると、金額の25%分(最大5,000円分まで)の「マイナポイント」つまり、登録したキャッシュレス決済事業者のポイントで付与されます。

 家族4人でそれぞれ利用すれば、5,000×4人で最大2万円分のマイナポイントをゲットでき、かなりお得です。

▼マイナンバーカードでできること
 マイナンバーカードは身分証明書として利用できるだけではなく、ICチップが搭載されていることで、行政手続きなどができる電子的な身分証明書としても利用することができます。

【1】コンビニやスーパーなどで各種証明書が取得できる
 コンビニや一部スーパーなどで、午前6時30分~午後11時まで、土日祝日でも各種証明書をマルチコピー機で発行することができます。今までのように時間内に窓口へ足を運ぶ手間や発行までの待ち時間を大幅に短縮することができます。現在、740市区町村がサービスを導入しており、今後さらに増える予定です。

【2】マイナンバーカードが健康保険証やお薬手帳としても使えるようになる!
 令和3年3月からはマイナンバーカードをマイナポータルで事前登録しておくことで、健康保険証・お薬手帳として利用できるようになります。利用できる医療機関等は、専用のカードリーダーが設置してある機関です。もちろん、今までの健康保険証も利用できます。

【3】緊急給付金がスムーズに受け取れるようになる!
 令和4年度以降、マイナンバーカードをハローワークカードとしても利用できるようになります。また、マイナンバーカードと銀行口座を1口座紐づけし、「緊急時の給付金の事務」などの手続きや給付を早くすることも検討されています。他にも社員証・学生証として利用する計画もあり、今後ますますマイナンバーカードは幅広く活用されるでしょう。

※マイナンバーカードは申請してすぐ発行されるわけではなく、手元に届くまでに1カ月前後かかります。特にマイナポイント開始が近づいて、マイナンバーカードの申請件数が増えると、もっと時間がかかるでしょう。だからこそ、マイナンバーカードの申請は早めに手続きすることをおすすめします。

(トウシル編集チーム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング