あす12月2日(月)にかけ強い雨や風、落雷に注意

ウェザーニュース / 2019年12月1日 14時0分

ウェザーニュース

明日12月2日(月)にかけて低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、そこから伸びる寒冷前線が日本列島を通過します。

大気の状態が不安定となるため、今夜から明日にかけて、西日本や東日本で強い雨が降るおそれがあります。

九州では既に大気不安定 強い雨を観測

南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の接近前から大気の状態が不安定となっています。

長崎県の五島列島では1時間に20mm以上の強い雨を観測していて、このあとも激しい雨の降る可能性があります。

今夜遅く西日本で激しい雨や落雷に注意

今夜にかけて雨の降る範囲は九州や中国・四国地方へ広がります。

前線は明日朝にかけて西日本を通過するため、激しい雨や落雷、強まる風に注意が必要です。

明日は近畿以東で雨が強まる

降水の予想

明日12月2日(月)は近畿や東海、関東に活発な雨雲が広がります。早朝から午前中にかけては近畿や東海で、昼前後にかけては関東などで、雨や風が強まるおそれがあります。通勤や通学には時間に余裕を持って行動することをおすすめします。

なお最近1か月は、東日本では多雨傾向だったものの、西日本では記録的な少雨だった所もありました。11月の合計降水量は、大阪はわずか2mm(過去最少)、神戸も4mm(過去最少タイ)という少なさでしたが、12月に入った途端にまとまった雨となりそうです。

強い風にも注意

風の予想

雨の強まる前後の時間には、各地とも南西からの風が強く吹く予想です。沿岸部では瞬間的に20m/sを超える強い風が吹くおそれもあるため、十分注意してください。

また、雨がやんだ後は徐々に風向きが変わり、西や北西からの風が強まってくる所があります。雨の前と比べて冷たい風となりますので、朝の暖かさに油断しないようにしてください。

北日本も雨や雪 積雪増加に注意

北日本も広範囲で天気が崩れます。低気圧が通過する北海道では、降り始めは雪となる所が多い予想です。昼間は市街地で雨に変わる所もありますが、夜以降は再び雪となる所が多い予想です。積雪の急増に注意してください。

なお低気圧が離れる明後日12月3日(火)以降は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が北日本に南下するため大雪や吹雪が数日間続くおそれがあります。今日の雨が落ち着いた後に、雪対策をしておくことをおすすめします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング