幻想的な雲海の中に浮かぶ熱気球 北海道・トマム

ウェザーニュース / 2020年9月29日 7時40分

ウェザーニュース

北海道占冠村 トマムより(29日早朝に撮影)

今日29日(火)は移動性の高気圧に覆われ、北海道ではスッキリと晴れて穏やかな朝を迎えています。

上川地方のトマム周辺では、発生した霧が高いところから見ると雲海になっていて、そこを熱気球が飛んでいます。

放射冷却で冷え込み強まる

今朝は晴れたことに加えて風も弱く、放射冷却が効いたため冷え込みが強まりました。

雲海が見られたトマムに近いアメダス観測点の占冠では、最低気温が3.7℃と今シーズン一番の寒さとなりました。
標高が1000m近いトマムでも5時30分頃の気温が6℃前後となっていて、この冷え込みによって、山間では冷やされた空気が水滴へと変わり、霧が発生したと考えられます。

北海道 今日は一日の気温差大きい

北海道の予想気温 29日(火)

冷え込みが強まった北海道ですが、今日の昼間は晴れるところが多く、気温が上がる見込みです。

気温が上がってくると霧は解消に向かい、占冠の予想最高気温は21℃。札幌は24℃、北見では25℃まで上がる予想です。

内陸を中心に一日の気温差が20℃以上と非常に大きくなるので、服装などでしっかりと調節をして、体調管理にお気を付けください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)
星野リゾート トマム ホームページ https://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング