1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

24時間以内に台風発生へ 日本に向かい北上 発生すれば「台風5号」

ウェザーニュース / 2021年6月22日 22時0分

ウェザーニュース

6月22日(火)21時現在、マリアナ諸島で熱帯低気圧が発達中です。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しています。

次に台風が発生すると「台風5号」と呼ばれます。

▼熱帯低気圧 6月22日(火)21時
 存在地域   マリアナ諸島
 移動     北北西 15 km/h
 中心気圧   1008 hPa
 最大風速   15 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 23 m/s

日本の南に北上 動向に注意

この熱帯低気圧は、太平洋高気圧の縁をまわって北西に進み、週末にかけて日本の南に北上してくる可能性が高くなっています。小笠原諸島や伊豆諸島では、この熱帯低気圧の直接の影響を受ける可能性があります。

ただ、世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、この先の進路や発達の程度に予測差があり、正確な予報が難しい状況です。

もしも勢力をあまり落とさず北上してきた場合、本州の近くを通って風雨をもたらしたり、梅雨前線の活動を活発化させて間接的に本州方面にも大雨をもたらすおそれがあるため、動向に注目が必要です。

次に台風ができると「台風5号」

平年の台風発生数

もし次に台風が発生すると、今月中旬に発生した台風4号に続く「台風5号」と呼ばれることになります。

6月の台風発生数の平年値は1.7個ですので、台風が複数個発生すること自体は珍しくはありません。この時期の台風は仮に日本に近づかなかったとしても、暖かく湿った空気が梅雨前線を刺激し、日本に大雨をもたらすことがあるため油断は禁物です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング