1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

紅葉 今週末おすすめ情報 東京・高尾山や京都・高雄でも見頃に

ウェザーニュース / 2021年11月11日 11時52分

ウェザーニュース

今週末の紅葉見頃情報と天気をお伝えします。

高尾山や昭和記念公園(東京)、高雄(京都)など、東日本や西日本の平野部で紅葉が見頃を迎えています。

■今週末 紅葉が見頃になる名所は?■

2021年11月13日(土)〜14日(日)

・東北 週末の見頃
・関東 週末の見頃
・中部 週末の見頃
・近畿 週末の見頃
・中国、四国 週末の見頃
・九州 週末の見頃

東北 週末の見頃

福島県・霞ケ城公園 紅葉の様子(11月6日)

・ 福島県立霞ヶ城公園(福島県)
220有余年にわたり丹羽氏の居城となった霞ヶ城公園は、紅葉と時期を同じくして「霞ヶ城公園菊花展」が開催されます。菊と紅葉の美しいコントラストを楽しむことができます。

・ もみじ公園(山形県)
心の文字をかたどった心字池を巡ることができる池泉回遊式の庭園です。色濃く染まる秋の紅葉は、言葉に尽くせないほどの美しさで訪れる人を魅了します。現在見頃を迎え、11月下旬にかけて紅葉を楽しめる予想です。

・秋保温泉郷(宮城県)
温泉街周辺の山全域(コナラ・カエデなど)が見所です。温泉街を取り囲む山々の深紅や黄色の紅葉が素晴らしい景観となっています。現在見頃を迎え、11月中旬頃まで見頃が続きます。

・遠刈田温泉(宮城県)
温泉街を歩いて紅葉を楽しんだり、こけし橋から蔵王連峰を望むことで雪山と紅葉を同時に見ることができます。現在見頃を迎え、11月中旬にかけて紅葉を楽しめます。

・最上峡(山形県)
最上川流域の中でも随一の景観を展開する最上峡。川沿いの国道47号線の紅葉を愛でながらのドライブはもちろん、山が川岸まで迫るダイナミックな姿を間近で実感できる最上川舟下りもおすすめ。山々が紅く染まり、水面に映える様はまさに絶景です。

東北 週末の天気

今週末は日本海側を中心にすっきりしない天気で、雨が降ることがあります。13日(土)は標高の高い地域でミゾレや雪の可能性もあります。太平洋側は内陸ほどにわか雨の可能性がありますが、日差しの届くところが多い予想です。

朝晩は冷え込みが強く、昼間も15℃前後と寒い体感。雨が降ると気温の数字より寒く感じそうです。紅葉狩りに行く際は重ね着で防寒をしっかりと行ってください。

関東 週末の見頃

東京都・国営昭和記念公園 紅葉の様子(11月5日)

・国営昭和記念公園(東京都)
「かたらいのイチョウ並木(98本・300m)」と立川口「カナール沿い(106本・200m)」は、黄葉シーズンには黄金色のトンネルとなり園内でも人気の高いスポットです。「日本庭園」ではカエデ類(約300本)が紅葉します。その他、ケヤキやカツラ、ナンキンハゼなどの広葉樹も季節の彩りを添えます。

・高尾山(東京都)
モミジ(カエデ)に加えて、ブナやイヌブナなどの自然林もあります。ケーブルカー沿線や薬王院周辺、山頂のモミジの紅葉が綺麗です。モミジの赤、ブナ、イヌブナの黄、常緑樹の緑がパッチワーク状に山を彩ります。

・奥多摩湖畔(東京都)
奥多摩湖に映る紅葉は圧巻。一度は見ておきたい紅葉のポイントです。現在見頃を迎え、11月末にかけて紅葉を楽しめます。

・芦ノ湖(神奈川県)
元箱根や湖尻など、芦ノ湖の湖畔から見事な紅葉を楽しめます。遊覧船や海賊船からの紅葉、駒ヶ岳山頂からの紅葉など、場所によって景色も様々。元箱根エリアや恩賜箱根公園からは、天気が良ければ芦ノ湖越しに富士山も見えます。現在見頃を迎え、11月中旬にかけて紅葉を楽しめます。

・水上温泉(諏訪峡)(群馬県)
利根川沿いに整備された遊歩道内には、与謝野晶子歌碑公園や紅葉公園など見どころも多く、この上ない渓谷美を目の当たりにできます。現在見頃となっており、11月中旬にかけて見頃のピークが続きます。

関東 週末の天気

今週末は雲が広がることがあっても、日差しが届きます。青空に鮮やかな紅葉が映えそうです。

昼間は過ごしやすくても朝晩は冷え込むので、調節しやすい服装で紅葉狩りを楽しんでください。

中部 週末の見頃

山梨県・川口湖畔 紅葉の様子(11月2日)

・河口湖畔(山梨県)
10月30日〜11月23日に「紅葉まつり」が開催されます。川の両脇に約60本の古木もみじがきれいに色付き、期間中は午後10時までライトアップされます。また河口湖の北岸を走る湖北ビューラインでは紅葉と富士山、湖をセットで楽しめます。現在全体の2割が色付いており、今週末以降見頃を迎える予想です。

・山中湖(山梨県)
10月29日〜11月14日に「夕焼けの渚・紅葉まつり」が開催されます。1,000mに渡る圧巻の紅葉回廊では200本を超える紅葉がライトアップされ、とても幻想的な光景となります。また山中湖村の山々をハイキングし、富士山&湖と紅葉の三つ巴を眼下に見るのもこの季節ならではの楽しみ方です。

・八ヶ岳高原(清里付近)(山梨県)
赤い橋と紅葉が美しい東沢大橋や、優美な滝を彩る吐竜の滝など、八ヶ岳南麓・清里高原は紅葉の見所がいっぱい。小淵沢エリアへ続く八ヶ岳高原ラインをドライブしながら紅葉を楽しめます。今週末が見頃のピークとなる予想です。

・紅葉台(山梨県)
目前に日本一の富士山、その裾から彼方にかけて広がる広大な青木ヶ原樹海。360度の大パノラマが広がり、富士山青木ヶ原樹海、南アルプスを一望できます。11月上旬には絵のように美しい紅葉に出会えるはずです。清涼な空気を一杯吸い込み、ゆっくりくつろぎながら紅葉を堪能して下さい。

・寸又峡(静岡県)
大井川支流の寸又川の渓谷。谷は深く、両岸の岸壁から大小の滝が落ち込み、山肌はモミやツガスギ等の森に包まれています。中心は寸又峡温泉で、温泉街から長さ90mの夢のつり橋とアーチ式の飛龍橋を結ぶ遊歩道が設けられています。今週末から11月末にかけて見頃となる予想です。

中部 週末の天気

13日(土)は日本海側を中心にすっきりしない天気で、雨が降ることがあります。14日(日)の日本海側は、沿岸部で一部雲が広がりやすいものの、各地日差しが届いて紅葉狩りを楽しめそうです。太平洋側は両日とも日差しの届くところが多い予想です。

紅葉が見頃となる標高の高い地域では、朝晩は冷え込みが強く昼間も15℃に届かず寒い体感です。雨が降ると気温の数字より寒く感じそうです。紅葉狩りに行く際は重ね着で防寒をしっかりと行ってください。

近畿 週末の見頃

京都府・高雄 紅葉の様子(11月6日)

・高雄(京都府)
三尾三山神護寺・西明寺・高山寺のもみじの紅葉が見所です。現在見頃を迎え、11月いっぱいは見頃が続く予想です。

・比叡山延暦寺(滋賀県)
延暦寺の境内全域や比叡山ドライブウェイ、奥比叡ドライブウェイではモミジ約2,000本、サクラ約1,000本が色づきます。10月30日(土)〜11月23日(火・祝)に「比叡のもみじ」が開催されます。現在見頃を迎え、11月末にかけて紅葉を楽しめます。

・奈良公園(奈良県)
サクラ、イチョウ、モミジが順に色づきます。巨木、古木、若木それぞれの特徴を活かして景観を保っており、公園に生育する約1,100頭の鹿の群は樹木と共に自然環境の中で共存共栄しています。現在見頃を迎え、12月初めにかけて紅葉を楽しめます。

・仁和寺(京都府)
金堂まで続く参道脇のモミジの紅葉が綺麗です。現在見頃を迎え、11月いっぱいは見頃が続く予想です。

・有馬温泉瑞宝寺公園(兵庫県)
約2,000本のモミジとカエデで美しく彩られています。太閤秀吉が「いくら見ていても飽きない」とほめたたえた庭は、時が経つのも忘れると言われ、別名「日暮らしの庭」とも呼ばれています。紅葉の時期限定で「もみじ茶屋」が出店します。現在見頃を迎え、11月いっぱいは見頃が続く予想です。

近畿 週末の天気

今週末は雲が広がることがあっても、日差しが届きます。ただ、北部はにわか雨の可能性があります。

この時期らしく、昼間は過ごしやすい体感ですが、朝晩は冷え込みます。調節のしやすい服装で紅葉狩りを楽しんでください。

中国、四国 週末の見頃

愛媛県・久万高原町付近 紅葉の様子(11月7日)

・久万高原町付近(愛媛県)
久万高原町付近で紅葉が見頃となっています。久万高原町の面河渓では面河川本流沿い、鉄砲石川沿いなど、雄大な自然の中で見事な紅葉を楽しむ事ができます。

・蒜山大山スカイライン(岡山県)
観光道路「蒜山大山スカイライン」では、ブナ、カエデ、モミジなどの紅葉が楽しめます。途中の「鬼女台(きめんだい)展望休憩所」ではススキの群生を見ることができ、大山、蒜山山麓の眺めも素晴らしいです。現在見頃を迎え、11月中旬にかけて紅葉を楽しめます。

・奥津渓(岡山県)
奥津温泉から下流約3kmにかけての紅葉は圧巻です。吉井川源流の澄みきった水が、浸食された花崗岩の間を縫って滝になったり淵になったりしながら流れます。現在見頃を迎え、11月中旬まで紅葉を楽しめます。

・三段峡(広島県)
特別名勝・三段峡は太田川の支流沿いの長さ16kmにおよぶ長大な渓谷です。原生林が深く刻まれた峡内では、まるで山水画を思わせる風景や滝、淵などが連続しており、それらの景観と紅葉の共演は非常に美しいです。三段峡の中でも上流部になる場所では、三段滝・二段滝・三ツ滝など、滝を中心とした紅葉がおすすめです。

・大窪寺(香川県)
奇岩に覆われた標高約770mの胎蔵ヶ峰を借景にたたずむ、四国霊場八十八ヶ所結願の寺です。モミジやカエデ、イチョウの大木が色づく秋の紅葉はまさに息をのむほどの美しさです。お遍路さんに交じって紅葉狩りを楽しむ観光客も大勢訪れます。現在見頃を迎え、11月中旬にかけて紅葉を楽しめます。

・寒霞渓(香川県)
表12景、裏8景からなります。自然が創り上げた岩山には50種類以上もの紅葉植物が季節の彩を添えます。日本三大渓谷美の1つとも称される海の見える渓谷です。現在全体の3割が色付いており、今週末以降見頃となる予想です。

中国、四国 週末の天気

<中国>
今週末は各地でスッキリしない天気です。山陽ほど日差しのチャンスがありますが、山陰ではにわか雨の可能性があります。

朝晩は冷え込みが強く、昼間も15℃前後のこの時期らしい体感となります。調節のしやすい服装で紅葉狩りをお楽しみください。

<四国>
今週末は雲が多めながらも日差しが届きます。

紅葉が見頃を迎えている標高の高い地域は、朝晩は冷え込みが強く昼間も15℃前後の肌寒い体感となります。平地との気温差が大きくなるので、紅葉狩りに行く際は万全な防寒が必須です。

九州 週末の見頃

熊本県・五家荘(せんだん轟) 紅葉の様子(11月7日)

・五家荘(せんだん轟)(熊本県)
駐車場から遊歩道を歩くと、滝つぼのすぐそばまで下りることができ、その迫力を身近に感じることができます。モミジ、カエデ、ツガ、ドウダン、ブナなどが赤や黄色に色づき、紅葉と滝とのコラボレーションを見ることができます。

・深耶馬溪(大分県)
一目八景。展望台からは夫婦岩、鳥帽子岩など奇岩秀峰が一望できます。近くには川床が一枚岩盤となっていて、その上を流れる清流と紅葉が絶景の錦雲峡や、麗谷(うつくしだに)があります。今週末が見頃のピークとなる予想です。

・霧島(鹿児島県)
湯之野、高千穂河原、霧島山一帯の紅葉や、霧島神宮のカエデ、モミジ、ウルシ等が素晴らしいです。現在見頃を迎え、12月初めにかけて紅葉を楽しめます。

・高千穂峡(宮崎県)
モミジ、ツタ、ケヤキ、カエデ、ナラ、クヌギが五ヶ瀬川渓谷一帯を色とりどりに染めます。高千穂峡の真名井の滝と紅葉が見事に調和し、遊歩道を散策していてもつい足を止めてしまう景色です。今週末から紅葉が見頃となる予想です。

・雲仙(仁田峠)(長崎県)
山々に広がる紅葉や、ロープウェイに乗って眼下に広がる紅葉を楽しめます。この一帯は普賢岳広葉樹林として国の特別天然記念物に指定されており、赤や黄色の紅葉と常緑樹の緑のコントラストが大変美しい地帯です。

・油山市民の森(福岡県)
つり橋より眺めるもみじ谷がおすすめです。もみじより少し早めに紅葉するアメリカフウも見事です。現在見頃を迎え、11月中旬にかけて紅葉を楽しめます。

九州 週末の天気

今週末はスッキリしない天気となります。時に北部や東シナ海側は急な雨に注意が必要です。

紅葉が見頃を迎えている標高の高い地域は、朝晩は冷え込みが強く昼間も15℃前後で肌寒い体感となります。平地との気温差が大きくなるので、紅葉狩りに行く際は万全な防寒が必須です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)






この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください