お笑い芸人チョ・ウォンソク、”また”飲酒運転…罰金500万ウォン

Wow!Korea / 2014年6月12日 10時2分

チョ・ウォンソク

”チェ・ミンス”の愛称で親しまれているお笑い芸人チョ・ウォンソクが、また飲酒運転で摘発されていたことがわかった。

ソウル西部地裁は、道路交通法違反の容疑で起訴されたチョ・ウォンソクに罰金500万ウォン(約50万円)を言い渡したことが12日、明らかとなった。

チョ・ウォンソクはことし3月24日深夜、飲酒した後、自身が所有する乗用車を運転し鐘路区(チョンノグ)から恩平区(ウンピョング)まで運転。その際、警察の飲酒運転取り締まりで検挙された。

当時、チョ・ウォンソクの血中アルコール濃度は0.21%で、運転免許取り消し(0.1%)基準より、はるかに高い数値だった。

2002年MBCコメディアン選抜大会を通じてデビューしたチョ・ウォンソクは、俳優チェ・ミンスをパロディし、人気に。しかし、活発に活動していた2010年、飲酒運転で交通事故を起こし、物議をかもした。これにより、出演していた全番組からの降板を余儀なくされた。

当時、チョ・ウォンソクは酒に酔ったままハンドルを握り、前を走っていたタクシーに追突。数回にわたる警察の飲酒測定を拒否し、裁判所で罰金刑を言い渡されていた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング