【公演レポ】「10CM」次は一人ずつお友達を連れて来てくださいね!

Wow!Korea / 2014年7月8日 13時15分

「10CM」

「10CM(シプセンチ)」は、クォン・ジョンヨル(ボーカル・ジャンベ)とユン・チョルジョン(ギター・コーラス)によって2010年に韓国でデビュー。2011年MBCバラエティー番組「無限に挑戦」で話題に。同年にリリースしたシングル「アメリカーノ」がメジャー系音楽配信チャートで1位を独占する。2011年2月にはファーストアルバム「1.0」をリリース。音楽配信チャートにアルバムから複数の曲がトップ10入りを果たす快挙となりアルバムチャートでも1位に。韓国大衆音楽賞で最優秀ポップアルバム受賞。その後、2012年に1年ぶりにリリースしたセカンドアルバム「2.0」も、1位を獲得し2012年Mnet MUSIC AWARDでは同アルバムタイトル曲「Fine thank you and you?」がSONG OF YEARとなった。日本では2013年8月「SUMMER SONIC」に出演し、大橋トリオとコラボ配信曲を発表し、9月に「10CM」で日本デビューを果たした。11月には日本初の「10CM」公演「10CM Night~オヌルパネ Vol.1」を行い、チケットは即完売しプレミアムチケットとなった。

2回目となる今回は7月6日(日)シンガーソングライター矢野まきをゲストに迎え、東京・六本木SUPER DELUXEにて開催された。

「観客の表情が見える小さなライブハウスから始めたい」という彼らの希望通り、アットホームな雰囲気で演出された会場は、小さな子供から年配の方まで幅広い年齢層と友人同士、カップルなど、たくさんのファンで埋め尽くされた。開演前にはステージにかけられモニターに楽屋の様子がリアルタイムで映し出され、「10CM」とバンドメンバーはツアーグッズを宣伝したり、アニメのキャラクターを描いたり和気あいあいとした姿を見せた。

大きな拍手と歓声で迎えられた二人は、「マウム」を披露。どこまでも伸びるボーカル、クォン・ジョンヨルと心地よいギター音をならすユン・チョルジョンの「10CM」の世界へとファンを導き公演がスタート。1曲目が終わるとクォン・ジョンヨルが「『10CM』です。お会いできてうれしいです。冬に来てからずいぶん長い日が経ちもう夏ですね。僕たちは普段座って公演をするのですが、僕たちのリズムとかみなさんに見せてあげたいですし、立って公演しますね。ただ立って公演するからと言って踊ったりしませんからね」と会場を沸かし、2曲目の「ネムセ・ナン・ヨジャ(においのするおんな)」へ。「アナジョヨ」では、クォン・ジョンヨルの合図に合わせてファンが歌い、ユン・チョルジョンは「だきしめて」とコーラスを入れ会場が一体となった。「コジュチャムチャリ」はドラムのヨン様がどうしてもやりたいというので今日演奏することになったことを明かした。「歌詞には隠れたエロさがあるので、韓国人の友人が居れば、歌詞を見せて訳してもらってみてください。この曲も次に歌う曲も男女のコミュニケーションに関する曲ですが、次の曲は韓国でとても有名な曲をリメイクしました。『エサン』です」と曲紹介すると歓声が起き、リメイクされた「エサン」に肩を揺らし、口ずさむ韓国ファンの姿も見られた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング