「LADIES’ CODE」マネジャーに下される判決は…? 来年1月に刑宣告

Wow!Korea / 2014年12月9日 15時36分

ことし9月、韓国ガールズグループ「LADIES’ CODE」が乗った車を運転中、メンバー2人が死亡する交通事故を起こしたマネジャーに対して水原地検が懲役2年6か月を求刑し、来年1月15日に裁判所が判断を下す。

ことし9月、韓国ガールズグループ「LADIES’ CODE」が乗った車を運転中、メンバーのリセ、ウンビが死亡する交通事故を起こしたマネジャー パク某氏に対して水原地検が懲役2年6か月を求刑。来年1月15日に裁判所が判断を下す。

水原地検は9日午前、水原地方裁判所で開かれた公判で懲役2年6か月を求刑した。

これを前にパク氏は11月、拘束起訴された。雨が降る中、高速道路でスピードの出し過ぎにより「LADIES’ CODE」のメンバー2人(リセとウンビ)を死亡させ、4人を負傷させた容疑。

事件を担当した警察側は10月、「事故当時、運転手が規定速度100キロの場所を130キロ以上で走行したことがわかった。スピードの出し過ぎで事故が起きたとみて、運転手を追加召喚し、調査している」と明かしていた。

「LADIES’ CODE」はことし9月3日、地方でのスケジュールを終えてソウルへ戻る途中、深夜1時30分頃、高速道路でガードレールを突き破る事故に遭い、メンバーのリセとウンビが死亡した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング