俳優ヨ・ジング、主演作「西部戦線」の公開直前に起きた”北朝鮮の挑発” 「心配しなかった」

Wow!Korea / 2015年9月16日 11時36分

俳優ヨ・ジング、主演作「西部戦線」の公開直前に起きた”北朝鮮の挑発” 「心配しなかった」

韓国俳優ヨ・ジングが、主演映画「西部戦線」の公開直前に起こった北朝鮮による軍事挑発について話題が及ぶと、「映画に関連して、心配はしなかった」と述べた。

ヨ・ジングは16日、ソウル市内のカフェでおこなわれたインタビューに臨んだ。この席で、映画公開を控えた中、北朝鮮による軍事挑発が起きたことについて「映画と関連して、心配はなかった。一日もはやく事態が好転することだけを願っていた。映画に及ぼす影響などを考える問題ではなかったと思う」と自身の見解を明かした。

一方、映画「西部戦線」は、農作業中に連れてこられた韓国の兵士と、戦車は本でしか学んだ経験のない北朝鮮の兵士が、戦争の運命を握る秘密文書をめぐり、危険な対決を繰り広げるストーリー。劇中、ヨ・ジングは北朝鮮軍の兵士ヨングァン役を熱演した。来る9月24日、韓国で公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング