【公演レポ】キム・ジュンス除隊後初、日本ファンミーティングで自宅初公開! 大阪公演大盛況で終了!

Wow!Korea / 2019年9月2日 11時27分

キム・ジュンス

除隊後初めてのジュンスの日本ファンミーティング『2019 XIA FANMEETING~HOMEPARTY~DAY』が、2019年8月27日、28日の2日間、エディオンアリーナ大阪で行われた。

27日の公演では、ステージ右手にソファとテーブルが置かれ、“HOMEPARTY”のタイトル通り、ジュンスの部屋を訪れた気分。会場では、ピンクの家の形をしたペンライトとピンクのタオルを持ったたくさんのファンがパーティーの始まりを待っていた。

会場の照明が消え、スクリーンにとあるマンションが映し出された。「XIAジュンスに会いに行く道」というテロップとともに廊下を進んでいき、ある部屋のチャイムを押すと…中から、「オソオセヨ~(=いらっしゃい)」と言いながらジュンスがにこやかに微笑みながらドアをあけてくれた…それと同時に、ステージにはストライプのシャツに黒のパンツ姿のジュンスが現れた。

1曲目「露を宿した木」を情感たっぷりにファンに向けて歌いあげるジュンス。ジュンスが手を左右に振るとそれに合わせて、会場のペンライトのピンクの光が右左に揺れた。ジュンスがファンのみんなと一緒に楽しみ、感謝の気持ちを返したいという思いが現れているようだった。

歌が終わってジュンスに照明が照らされると、ジュンスに会うこの日を待ちわびていたファンから大歓声が響き渡った。スクリーンに照れるように笑うジュンスの笑顔が映し出されると、歓声はさらに大きくなっていった。

「みなさん、こんばんは。ジュンスです。お久しぶりです。」とジュンスからファンへの第一声でHOMEPARTYがスタートした。

「今日のタイトルは、HOMEPARTYじゃないですか。ホームパーティーみたいなファンミーティングか、ファンミーティングみたいなホームパーティーかは、最後まで見たら確実にわかると思います。本当は、本当の家にみなさんを招待したいと思ったんだけど…この人数は無理なので…」と、いたずらっぽく笑うジュンスにファンは熱く応えた。

「今日はみなさんといい時間を過ごしたいと思います。よろしくお願いします。でも、日本語が問題です。コンサートよりしゃべらないといけないので、心配です。みなさん手伝ってください。」そして、ジュンスを助けてくれるお友達ということでMCのコン・テユがステージに登場した。

まず、オープニングで出てきた家は本当のジュンスの家だということがテユから紹介された。テユから「最初の“いらっしゃい”がものすごくぎこちなかったのでは?あんなぎこちない笑顔は初めて見た。」とツッコまれ、「今日は、緊張しています。」と本当に緊張した様子のジュンス。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング