映画「鋼鉄の雨2:首脳会議」、7月29日公開確定…チョン・ウソン×クァク・ドウォン×ユ・ヨンソク出撃

Wow!Korea / 2020年7月2日 15時15分

チョン・ウソン主演の映画「鋼鉄の雨2:首脳会談」の公開日が7月29日に決定した。(提供:OSEN)

映画「鋼鉄の雨2:首脳会談」が7月29日に公開されることが確定した。

米韓朝首脳会談中に北朝鮮のクーデターで三国の首脳が北朝鮮の核潜水艦に拉致された後で起こる戦争直前の危機状況を描いた映画「鋼鉄の雨2:首脳会談(監督ヤン・ウソク)」が29日の公開を確定させた中、冷戦の海の中で迫真の潜水艦アクションと目を離すことが出来ない緊張感に笑いまで収めたメイン予告映像が公開された。

メイン予告映像は首脳会談のために第三国へ向かったのではなく、北朝鮮のウォンサン(元山)空港で北朝鮮人民軍隊儀仗隊の検査を受ける韓国の大統領(チョン・ウソン扮)、北朝鮮の委員長(ユ・ヨンソク扮)、アメリカの大統領(アンガス・マクファーデン扮)の姿で始まる。アメリカと北朝鮮の中を上手く取り繕い、米朝平和協定を成立させたい韓国の大統領の思惑とは異なり、北朝鮮の委員長とアメリカの大統領が対立する姿は二国の間にある溝をはっきりと映し出している。

しかし、“戻れない橋”を渡ったかのような北朝鮮とアメリカの首脳の間を行き来して説得する韓国の大統領に「誰が本物のケチャップを持ってきてくれないか?」と的外れなことを言うアメリカの大統領。そして、英語は出来るのかと取ったアメリカの大統領に驚いたという表情で「Why not?」と言い、自国の潜水艦であると言いながら喫煙に固執する北朝鮮の委員長の姿は愉快なケミで、思いのほかにコミカルな面白さまで続いている。

平和協定と改革開放に反対し、血盟・中国との同盟を守る道が愛国だと考える北朝鮮の護衛総局長(クァク・ドウォン扮)の威圧感ある登場は緊張感をより一層引き上げる。“護衛総局長”はクーデターを通して、三国首脳を北朝鮮の核潜水艦「白頭号」に拉致されるようにし、アメリカはその背後に中国がいることを知ることになる。三国首脳が人質となった非常事態を迎えたアメリカ、韓国、中国政府。そして竹島の周辺で日本の潜水艦と出会うことになる「白頭号」の姿は、冷戦の海がもはや朝鮮半島だけの問題ではなく、東北アジアの平和までをも脅かす一触即発の状況であることを示唆して緊張感を一気に放出する。また、そのほかにも魚雷、核潜水艦などのスケール感あふれる水中アクションはこれまでの韓国映画では見ることが出来なかったリアルな潜水艦アクションを披露することと期待を高めている。

究極の戦略武器であるSLBM(潜水艦発の弾道ミサイル)まで兼ね備えた北朝鮮の核潜水艦「白頭号」。核ミサイルが発射されるかもしれない危機状況の中で「私たちが共生する道を模索してみましょう」と話す韓国の大統領に扮したチョン・ウソンのセリフは現在の朝鮮半島で生きている人たちが振り返る価値のあるメッセージを含み、熱い涙を誘う。

地球上で唯一冷戦が未だに持続している韓国と北朝鮮、そして朝鮮半島を取り巻く強大国の間で実際に起こりえる危機状況をチョン・ウソン、クァク・ドウォン、ユ・ヨンソク、アンガス・マクファーデンといった個性と演技力を兼ね備えた4人の俳優の共存と対決を通して臨場感あふれる映画を作り上げてくれることと期待する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング