「Rocket Punch」、今日(4日)タイトル曲「JUICY」発売…胸キュン+清涼予告

Wow!Korea / 2020年8月4日 8時1分

歌謡界を青く染める「Rocket Punch」の「BLUE PUNCH」が公開される。(提供:OSEN)

歌謡界を青く染める「Rocket Punch」の「BLUE PUNCH」が公開される。

「Rocket Punch」は4日午後6時、各種音源サイトを通じてミニ3集「BLUE PUNCH」を発売する。 「BLUE PUNCH」は、タイトル曲「JUICY」など計6つのトラックが含まれており、発売前からファンの爆発的な関心を集めた。

「Rocket Punch」は先月25日、「BLUE PUNCH」のプロモーションが込められたタイムテーブルを公開し、その後、個人のイメージとコンセプトフィルム、ミュージックビデオティーザー、ハイライトメドレーなど多彩なティーザーコンテンツでファンにときめきをもたらした。

タイトル曲「JUICY」は強烈なビートにオリエンタルなサウンドとギターが調和した、ハイブリッドトラップの曲で、遊び心いっぱいの歌詞が印象的な歌だ。また、「Rocket Punch」の利点であるさわやかな音色が清涼な雰囲気を醸し出し、弾むポイント振り付けで魅力を加える予定だ。

特に「Rocket Punch」はデビュー曲「BIM BAM BUM」の作詞と作曲、編曲を引き受けたアイドルヒットメーカーイギ・ヨンベともう一度呼吸を合わせた、ポップアーティスト作家がアルバムカバーの画像に力を加えて、ファンたちの期待感を高めた。

他にも「Rocket Punch」のミニ3集「BLUE PUNCH」には、イントロをはじめ、息苦しい日常の中でどこかに一緒に行きたい「Rocket Punch」だけの色が込められた「SUMMER PUNCH!」、真夏の夜の夢のような恋に落ちるような「夏の夜」、輝く星のように眩しい相手に向けたときめきが感じられる「TWINKLE STAR」、「Rocket Punch」のピョンピョンはねる魅力的な中毒を起こす「THE THE」など六つの音楽が収録された。

また、「Rocket Punch」はカムバックを記念してKetchy(ファン)とコミュニケーションする時間も用意した。音源公開2時間後の午後8時にネイバーファンシップを介して「私的プレビュー」、9時にはVライブを通じて「屋上ライブ」を進行し、「Rocket Punch」だけのさわやかな魅力をファンにプレゼントする計画だ。

「Rocket Punch」のミニ3集「BLUE PUNCH」は4日午後6時、各種音源サイトを通じて確認することができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング