キム・ミョンス(INFINITE・エル)、KBS新ドラマ「暗行御史」出演確定…現代版キングスマンに

Wow!Korea / 2020年9月10日 8時54分

俳優キム・ミョンス(INFINITE・エル)が時代劇でカムバックする。(画像提供:OSEN)

俳優キム・ミョンス(エル(INFINITE))が時代劇でカムバックする。

10日、所属事務所側は「キム・ミョンスがKBS2新ドラマ『暗行御史』出演を確定した。朝鮮末期を背景に目標も、野心もなく今日だけを生きる弘文館副修撰ソン・イギョム役を引き受けた」と述べた。

ソン・イギョムは荘園合格した人材だったが、賭博場で遊び摘発されたことで突然暗行御史に抜擢されて、朝鮮を賑やかにした事件を解決し、エキサイティングなストーリーを導く。

KBS2新ドラマ「暗行御史」は、不正腐敗を清算して、不正に対抗する民の悔しさを解いてくれる朝鮮時代の王室の秘密捜査官潜行御史と師団の痛快活躍を描いたコミックミステリー捜査劇。

韓流を代表するアーティストで、多様なジャンルとキャラクターを通じて着実に演技のキャリアを築いてきた俳優キム・ミョンスにとって「暗行御史」は、2017年MBCドラマ「仮面の王 イ・ソン」に次いで挑戦する史劇作品であり意味が格別だ。

「暗行御史」出演の便りを知らせたキム・ミョンスは所属事務所を通じて「今回『暗行御史』で時代劇のタイトルロールを引き受けることになって嬉しい負担も感じている。特にキングスマンのような暗行御史という魅力的な役割に挑戦することになって楽しみだ。良い演技をお見せできるように最善を尽くしたい」と出演所感を伝えた。

このように、俳優として確固たる地位を固めているキム・ミョンスがKBS2新ドラマ「暗行御史」を通じて示す新しい活躍が期待を集める。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング