1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

“投票ねつ造の疑い”オーディション番組「アイドル学校」のCP、控訴審も懲役刑…懲役8か月を言い渡される

Wow!Korea / 2022年1月26日 19時32分

“投票ねつ造の疑い”オーディション番組「アイドル学校」のCP、控訴審も懲役刑…懲役8か月を言い渡される(画像提供:wowkorea)

視聴者投票結果をねつ造した疑いで起訴されたMnetのアイドルオーディション番組「アイドル学校」のCP(チーフプロデューサー)A氏は控訴審でも実刑を言い渡された。ただ量刑は原審よりやや縮小した。

ソウル中央地裁・刑事控訴8-1部は26日、視聴者投票をねつ造した疑い(業務妨害)で起訴されたA氏の控訴審で、懲役1年の実刑を言い渡した原審を破り、懲役8か月を言い渡した。

控訴審の裁判部は一部の回では投票結果が発表されず、業務妨害が成立しないと見た。また告知された時間外に投票された約8千票については、詐欺容疑を適用できないと判断した。

一方、罰金1千万ウォン(約100万円)を言い渡されていたMnetの前制作局長B氏は、懲役4か月に執行猶予1年で量刑が伸びた。1審では投票ねつ造のほう助犯と判断されたが、控訴審では共犯と認められ量刑が拡大した。

2017年9月に放送が終了した「アイドル学校」はガールズグループ「fromis_9」のメンバーを選抜する過程を描いた。番組終了後、制作スタッフは順位をねつ造したという疑惑が提起され波紋が広がった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください