持参したい!一味違った便利なアウトドアグッズ

2018年5月5日更新

行楽シーズン真っ只中。アウトドアに最適な気候の今、すでにアウトドアを楽しんでいる人にも、これからの人にも、きっと役に立つ便利で楽しいアイデア商品をご紹介します。

ユニフレーム「インスタントスモーカー」

野外で簡単スモーク作り

野外で簡単に燻製作りが楽しめるスモーカー(折りたたみ燻製器)。所要時間は約10分。時間をかけずに燻製料理が楽しめます。

スモークチップを置き、80~120℃ほどの温度で燻製すれば、10分程度で完成する。手軽で簡単だが味は本格的で、短時間で完成するからおつまみを作るのに最適。別売りの「スモーカー温度計」(1300円)を使い、微妙な温度調整をしてより美味しい燻製料理を目指したい。

Snow Peak「チキンラーメンクッカー」

野外で最高の出来のチキンラーメンを

日清食品とSnow Peakのコラボレーション商品。外側にチキンラーメンのデザインがプリントアウトされた遊び心のある浅型クッカー。チキンラーメン1人前を作るベストなサイズ感で、卵専用のポケットが付いているのも憎いところ。

チタン製の浅型クッカーで、日清「チキンラーメン」の袋麺もカップ麺もすっきり収納できる。外面にはお馴染みのパッケージがプリントされ、 “仕上げの卵” を入れるケースも付属しているのがにくい。野外でも最高のチキンラーメンが作れそう。もちろん、通常のクッカーとして使用可能。

ドウシシャ「大人の流しそうめんDOSHISHA DWS-18」

手軽に楽しめる夏の風物詩

王道のBBQやカレーライスも良いですが、夏の風物詩である流しそうめんで涼しさを感じるというのも良いですね。世界流しそうめん協会公式という、こちらの流しそうめん器は乾電池式でアウトドアでも使用可能です。

上部6つのポケットにそうめんを入れておけば、任意の速度で回転し、順次流れる仕組み。
くるくると流れてくるそうめんを、360度どこからでも取ることができ、オケに流れ着いたそうめんは回転寿司のように流れつづけます。

グリーンハウス「パーティービールサーバー」

持ち運び式ビールサーバー

缶ビールと乾電池を入れるだけで屋外でもビアホールのような本格的なビールが楽しめます。その秘密は超音波。ふわふわできめ細かい泡のビールがアウトドアシーンを贅沢に盛り上げてくれます。

本体上部についたレバーを手前に倒すと液だけが、奥に倒すと泡だけが出てくる仕組みなので、誰でも簡単に生ビールの黄金比と言われる比率7:3(ビール:泡)でビールを注げます。
あっという間にお店で飲むようなビールができあがり!泡があることでビール内の炭酸が抜けにくく、酸化もしにくくなるのでビール自身のおいしさも長持ち♪

ハイマウント「たい焼きメーカー」

手作りたい焼きでキャンプに遊び心を

ホットサンドメーカーのように鉄板で挟んで、アウトドアでも簡単にたい焼きが作れるプレートです。ホットケーキミックスなどの生地に、具材としてあんこやカスタード、ソーセージを加えるなどアレンジは自在で、キャンプ料理に遊び心をもたらします。

道具があってもたい焼きなんてむずかしそう、と思っているアナタ、そんなことないんです! ホットケーキミックスに牛乳と卵を加え、バターかサラダ油を塗った「たい焼きメーカー」に流し込み、具を乗せてもう一度生地を流し込み、あとはフタを閉めてガス火にかければOK!

ポーレックス「コーヒーミル ミニ」

野外で楽しむ挽きたてコーヒー

野外で香り豊かなコーヒーを楽しみたい方にオススメ。“煎りたて” “挽きたて” “淹れたて”を叶えてくれる、セラミック刃を採用したコーヒーミルです。

コーヒーの風味を損なわないセラミック刃を採用した、ミニタイプコーヒーミルの先駆け。約20gのコーヒー豆を挽け、粒度調整機能が付いているので、細挽きから粗挽きまで粒度を簡単に調整できる。ハンドルは取り外し式。

コレス「ゴールドフィルターダブルウォールマグ C402」

抽出器具要らずで贅沢な1杯を

こちらも野外で手軽に美味しいコーヒーを楽しむためのアイテムです。プレス器やドリッパー等の抽出器具なしで美味しいコーヒーが淹れられます。

浸漬式ながらプレスとは異なるタイプの抽出方法。簡単なので、誰でも手軽に淹れたてを楽しめる。メッシュは純金コーティング。カップは熱いコーヒーが冷めにくいダブルウォールタイプで、金属臭が気にならない。

ダイソー「風よけストッパー付ライターカバー」

風向きを気にせず簡単着火

風が強い日はライターの火が風で消えてしまったり、ゆらいで他のものに火を移すのにも一苦労しますよね。ダイソーで販売されているこのライターカバーを使えば、火の周りを360度囲んでくれるので、ゆらぎを防ぐことができます。

ふたつに別れるようになっており、その間にライターを挟んで使用します。ただし、ワンプッシュ式のライターしか設置できないのでご注意を。

ダイソー「ペチャンコ水筒3.9l」

かさばらない折りたたみ式水筒

アウトドアで水分を持ち運びする時、水筒などは荷物としてはどうしてもかさばってしまうもの。こちらのウォーターバッグならコンパクトに持ち運べて、空になった後も折りたたんでしまえるので便利です。

底にマチが付いているので、平らな地面であればしっかり自立します。
また、耐熱温度は80℃、耐冷温度は-20℃なので冷凍保存もバッチリ。凍らせれば、保冷剤としても使用可能です。

TAKU「折りたたみポータブルバケツ」

いろんな用途で重宝するソフトバケツ

アウトドアで何かと必要になるのがバケツやちょっとした収納。丈夫で便利な自立式のソフトバッグなので、使い勝手もよく、これひとつあるだけで様々な用途に使えそうです。

自然の中で足湯がしたい。
そんなゼイタクな願いを叶えるアイテムを発見しました。
ピクニックをしながら足湯をしたりなど、アウトドアの新しい楽しみを増やしてくれるアイテムです。
家でも外でも気軽に持ち運べます
アウトドアだけでなく、旅行先での洗濯や園芸、洗車の際にも便利に使えるスグレモノ。

フィールドア「ハンモック」

組み立て式でどこでもゆらゆら癒し時間

いつでもどこでも「ゆらゆら」と心地よい揺れが楽しめる自立式のハンモック。コンパクトに折りたためるため持ち運びに便利。自立式なので場所も選ばず、自然の中で癒しのお昼寝タイムが実現します。

こちらのハンモックの耐荷重は200kgもあるので、
成人の男性でも安心して使用することができます。
また、この耐荷重の数値は、安全率1.75倍に設定した上で
耐荷重試験を行った結果の数値となります。

サンコー「シガーソケットで使える車用ヘアドライヤー」

アウトドアで濡れても大丈夫、車で使えるドライヤー

家庭用ドライヤーを車内で使うには車のシガーソケットから電源コンセントに変換するアダプターが必要ですが、これはソケットにつなぐだけで使用できます。アウトドアでは川遊びや、急な天候の変化、海水浴など髪や服が濡れてしまうシーンが多いもの。濡れたままでは体調の悪化に結び付きやすいので、車内で乾かすことができるドライヤーは重宝しそうです。アウトドア以外にも出勤前に車内で髪型を整える使い方もできそうです。

【シガーソケットで使える車用ヘアドライヤー】は、ヘアドライヤーの電源コードの先が家庭用電源コンセントではなく、シガープラグになっており、変換アダプタを必要とせず、車のシガーソケットに挿して使えます。
2つ折りの携帯用ヘアドライヤーで、使用しないときは、手の平サイズのコンパクトさでダッシュボードに入れておけます。手元のスイッチで、送風と温風の切換が可能で、温風温度は最大約64度。12V車対応で、消費電力は約220Wとなります。

Prairie House「テント&ワゴン&クーラーBOX3点セットF ワンタッチテント」

大きなアイテムが運びやすいセットに

ワンタッチテント、クーラーボックス、キャリーワゴンがお得に1つのセットになっています。クーラーボックスは簡易なテーブルにもなり、アウトドアでの滞在を快適にしてくれる主要なアイテム3点セットです。

テントの大きさは、2人分ほど。少人数でBBQをするときなんかは、直射日光を避けられる場所としてあってもいいかも。ほとんどの人がテントなんか持っていないので、ここで購入してアウトドアに持って行くと喜ばれるかもしれませんね。