1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国の石炭供給が大幅改善、価格も安定=発改委

ロイター / 2021年11月1日 13時37分

 11月1日、中国国家発展改革委員会(発改委)は国内の石炭供給を巡る状況について、石炭会社や消費者などの共同の取り組みによって大幅に改善し、価格が安定化したとの認識を示した。写真は石炭火力発電所。中国の内モンゴル自治区で2010年10月撮影(2021年 ロイター/David Gray)

[北京 1日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委)は国内の石炭供給を巡る状況について、石炭会社や消費者などの共同の取り組みによって大幅に改善し、価格が安定化したとの認識を示した。

鄭州商品取引所の一般炭先物1月限は1日序盤の取引で9.26%下落し、1トン=925.2元(144.48ドル)となった。

中国政府による一連の価格抑制策を受け、石炭先物は10月19日に付けた高値(1982元)から53%超下落している。

政府は7月以降、石炭の供給不足などを背景とした電力不足が広がる中、国内数百カ所の炭鉱で生産拡張を承認し、今年190%近く高騰した石炭価格の上昇を抑えるため一連の措置を打ち出してきた。

発改委は10月31日夜に発表した声明で「石炭生産量の1日平均は10月半ば以降、数日連続して1150万トンを上回り、一時1172万トンに達した」と明らかにした。

ロイターの試算によると、この増産が維持されれば、今年の中国の石炭生産量は過去最大となる。

主要な石炭火力発電所への石炭供給も1日当たり832万トンと、過去最高に達した。

発改委によると、国内の発電所における石炭在庫は合計1億0600万トンと、9月末時点から2800万トン超増加。19日分の消費を支えることができるという。

また、一般炭(5500キロカロリー)のスポット価格は炭鉱で1トン=1200元、港で1500元を下回る水準に下落し、最も取引が活発な一般炭先物は過去8営業日で51%急落したと指摘した。

発改委はこの日、石炭会社と下流の消費者が結ぶ長期契約の実施を監視するオンラインプラットフォームを設置したことも明らかにし、11月上旬に正式に稼働するとした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください