1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

FRB、7月0.75%・その後数回の0.5%利上げが適切=ボウマン理事

ロイター / 2022年6月24日 3時44分

ボウマンFRB理事は、7月のFOMCで75bpの利上げを実施し、その後数回の会合で少なくとも50bpの引き上げが適切となる可能性があるという認識を示した。写真は2019年5月、カリフォルニア州で撮影(2022 年 ロイター/Ann Saphir)

[23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のボウマン理事は23日、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で75ベーシスポイント(bp)の利上げを実施し、その後数回の会合で少なくとも50bpの引き上げが適切となる可能性があるという認識を示した。大半のFRB当局者よりもタカ派的な見解となる。

ボウマン理事は「現在のインフレ指標に基づき、今後入手されるデータで正当化されれば、次回会合で75bpの追加利上げとその後数回の会合で少なくとも50bpの利上げが適切になると想定する」とし、「その後経済動向に応じ、さらなる引き上げが必要となる可能性もある」と語った。

さらに、インフレは持続的な雇用拡大への脅威とした上で、「実質フェデラルファンド(FF)金利をプラス圏に戻す政策にコミットしている」とし、短期インフレ期待を下回る政策金利は「理にかなっていない」という見解を示した。

FRBの利上げが「リスクを伴わないわけではない」としつつも、「インフレを低下させることがわれわれの最大責務」と強調した。

また、FRBが着手したばかりのバランスシート削減計画に支持を表明し、「FRBが不動産市場への間接的な介入から脱却することが私の長期的な目標だ」と語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください