2021年は金運アップ…運気がアップする掃除・作法・風水まとめ

ananweb / 2020年12月26日 19時0分

2021年は金運アップ…運気がアップする掃除・作法・風水まとめ

年末といえば、大掃除。掃除・整理整頓は、風水の基本といわれています。せっかくなら運気がアップする掃除をしませんか? 金運が上昇するトイレ掃除や作法、運気を下げるNG掃除、お家の開運風水をまとめました。

まとめ構成・小田原みみ

金運アップするトイレ掃除の仕方

トイレ掃除をすると金運がアップする、というのは今や多くの人が知っていること。でも、ただ掃除をすれば良いというものではありません。 金運がアップするトイレ掃除の仕方を占い師の脇田尚揮さんに教えていただきました。

上から下へ向かって掃除していく



脇田さん トイレ掃除は、“上から下へ”向かって行うのが基本です。不浄な気は、上ではなく下に溜まるもの。

そのため下から掃除をすると、悪い気が上のほうに舞い上がり、掃除の効果が半減してしまうのです……。

手洗い場、カバー、便座、そして床……の順に、綺麗にしていきましょう。気の流れが良くなり、お金が集まるトイレになるはず。

ブラシではなくトイレクリーナーで掃除する

トイレ掃除はブラシではなく、“トイレクリーナー”を使って行いましょう。

なぜブラシではなくトイレクリーナーが良いのかというと、トイレブラシには邪気がつきやすいからです。

常に新しいトイレクリーナーで磨き上げることによって、ただ汚れを落とすのではなく、気も清浄にすることができるのです。磨いた後は、きちんと手を洗って清めましょう。

※文・脇田尚揮
※2019年1月6日配信

運がよくなるトイレ掃除の仕方

トイレは家で最も厄が溜まりやすい場所。だからこそキレイにすればパワースポットになるそう。開運アドバイザーの北野貴子さんにトイレ掃除のポイントを教えていただきました。



北野さん 昔は、厄を家に持ち込まないよう厠(かわや)は外にありました。今は家の中にあるため“一つの部屋”として考え、ピカピカに磨いて心地よい空間を保つことが大切です。また、メインの部屋ではないトイレを掃除することは、家の隅まで意識してキレイにするのと同じこと。風水ではキレイにすることで気を整え、結界ができると考えられています。掃除で結界ができたトイレは、良い気を取り込めるパワースポットになるんですよ。

気の流れが変わる、トイレ掃除術のポイント



1. 厄を受け止めてくれるところ。便器の内側をピカピカに磨く
不浄なものをダイレクトに受け止めてくれるのが便器の内側。厄を流す場所なので、ここを磨かなければ厄落としの意味がない。清らかな水が流れるよう水の出口も念入りに。



2. ホコリ=厄が溜まりやすい、便座の裏、継ぎ目も忘れずに
ホコリや汚れは、目に見えるカタチの厄だと考える。あるだけで気の流れを滞らせてしまうため、汚れやすい便座の裏やホコリが溜まりやすい継ぎ目なども見逃さないこと。



3. 悪い気は下にこもりがち…。床掃除は隅々まで、壁もしっかり拭く
厄は下に沈殿するため、悪い気がこもった床は磨いて浄化。壁もキレイにすることで、運が開けてくる。面積が狭く、掃除しやすいトイレの壁は、開運の掃除には絶好の場所。

北野貴子さん 開運アドバイザー。婚活サポート企業「IBJ」で、風水の知識を活かし、恋愛運UPなどのアドバイスも行う。『邪気を落として幸運になる ランドリー風水』(青春出版社)など、著書多数。

※『anan』2018年10月17日号より。イラスト・山中玲奈 取材、文・高橋瑞穂(六識)
※2018年10月12日作成

トイレをパワースポットにする作法

開運アドバイザーの北野貴子さんに普段トイレで心がけたい作法について教えていただきました。

トイレで心掛けたい作法



【明るく、風通しのいい空間に】
トイレも一つの部屋と考え、ほかの部屋と同じように心地よい空間作りをめざして。



北野さん 新しい空気が循環し、太陽の光が窓から差し込む状態が理想です。窓がない場合は、照明を明るくして換気扇はつけたままの状態に。人工的に窓があるような環境を作り出してください。



【専用スリッパを用意する】
厄をほかの部屋に持ち込まぬよう、トイレには専用スリッパを置く。

厠が外にあった時代と異なり、今は家の中にトイレがあるので、履物の代わりにスリッパを活用して。特に床やマットに厄が落ちているので、見た目がキレイでもスリッパを履かないのはNG。



【窓がない場合は、紫の小物を置く】
風水の八方位で最も位が高い色・紫を配置することで、空間の格が上がる。

その部屋を粗末に扱っていないという意味を持つので、特に窓のないトイレに有効です。一つでいいので、紫色のスリッパやマット、ラベンダーの芳香剤や紫色の小物を置くのがおすすめ。

北野貴子さん 開運アドバイザー。婚活サポート企業「IBJ」で、風水の知識を活かし、恋愛運UPなどのアドバイスも行う。『邪気を落として幸運になる ランドリー風水』(青春出版社)など、著書多数。

※『anan』2018年10月17日号より。イラスト・山中玲奈 取材、文・高橋瑞穂(六識)
※2018年10月12日配信

運気がガタ落ち! NG掃除

掃除は風水の基本とはいえ、やり方を間違えると運気が下がってしまうことも…。運気が下がるNG掃除法を占い師の脇田尚揮さんに教えていただきました。

電子機器のホコリを拭き取る



脇田さん いざ掃除となると、まずテレビなどの電子機器に溜まったホコリを拭き取りたくなるもの。でも、ちょっと待って。電子機器の“拭き取り”は、絶対にやってはいけません。

電子機器などの電磁波を放つものは、“霊”を引き寄せやすく、そこに積もったホコリを拭き取ることで怪奇現象に見舞われることが……。

ホコリは、掃除機などで吸い取るようにしましょう。そして掃除後、きちんとゴミ箱に捨ててください。そうすることで、部屋全体が良い気に包まれるでしょう。

ベランダに不要物を置く

部屋ではなくベランダなどに、一部不要物を置いている方も少なくないのでは? しかし、これは絶対NGな掃除・整理整頓法です。

風水において、玄関は“運気の入り口”、ベランダは“運気の出口”とされています。そんなベランダに物を置くことは、運気の出口を封じてしまうということ。

家の中の悪い気が出ていかなくなるため、運気がダダ下がりに……。ベランダにはむやみやたらに物を置かないにしましょう。

※文・脇田尚揮
※2018年12月29日配信

今すぐできるクイック風水

紀元前2000年頃に中国で始まった風水は、運を積極的に良くするために生み出された開運法。今すぐ始められる“クイック風水”を「風水環境システム研究所」所長・金寄泰衍(かなよりたいえん)さんに教えていただきました。

窓枠の左上に四角、右下に円を描く

乱れた気の侵入を防ぐべく、窓をフィルターに変える。

家の中には、外から“風”の気、“地”の気、“水”の気が流れ込む。



金寄さん 外からやってくる風の“邪”をろ過するため、入り口となる窓にフィルターをかけましょう。特にマンションに住んでいて、窓から見える建物に高低差がある場合、窓から入る風の気はとても乱れているので要注意です。

フィルターのかけ方はとても簡単。黒のペンで窓枠の右下に円を描き、左上に四角を描くだけ。風水では、円が陰のエネルギーを司り、気を集めるパワーがあるとし、陽の気を担う四角は、気を拡散させる力があるとする。

陰陽両方のエネルギーが揃うことで窓全体にフィルターがかかります。邪気の侵入を防げ、家の中の良い気が出ていかないようにできるんです。

四角も円も右回りの一筆書きで。油性の黒のペンが一番オススメだけど、鉛筆で描いてもOK。鉛筆でも描けない場合は1週間に1度ほど、指でその形をなぞり描きして。

金寄泰衍さん 「風水環境システム研究所」所長。環境デザインと伝統的風水、心理療法などを統合した汎風水学を開発。NHK文化センター講師。www.kanayori-fusui.com/

※『anan』2018年4月4日号より。イラスト・kalo 取材、文・板倉ミキコ
※2018年3月31日配信

掃除の仕方一つで運気がアップしたり、逆にダウンしたりすることがあるんですね。お家の中をキレイに整えてよい気を取り入れたいいですね。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング