観光動画なのに感動!?50年かけてたどり着く奇跡の1日 長崎県南島原市の観光ショートフィルムが視聴回数73万回突破

@Press / 2017年12月19日 14時0分

長崎県南島原市が作成し、今秋(2017.10.28)に公開した観光ショートフィルムが、累計視聴回数(※1)73万回を超えました(2017.12.17現在)。注目すべきは、「反響通り感動した」「ドツボにはまってしまった」「これ観光動画?やばい」「凶暴すぎだろ!」など、視聴者からSNSや市役所等に寄せられている数々のコメントで、地元新聞社やWEBメディアが取り上げるなど、静かに広がりを見せています。

※1 累計視聴回数:YouTube動画視聴回数とFacebook動画視聴回数の合計


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/145867/LL_img_145867_1.jpg
南島原市観光ショートフィルム

人々の共感や感動を呼ぶ「愛」をテーマの一つとし、南島原市が誇る美しい風景の数々を織り交ぜた、数奇とも言える男の純愛ストーリー。
若い頃に死に別れた恋人を想い続け、生涯を閉じた一人の男。
男が死んだ後、あの世に行く前に、「境界」という場所を訪れます。
そこで出会った老人に薦められるがままに、男は、当時付き合っていた恋人と過ごした、何気ない1日の「夢」を見ます。

これまで『ある後悔』を抱えてきた男。

50年の時を超えて、2つの想いが動き出します。
そこで男は、ずっと言えずにいた、ある言葉を絞り出すのです。
美しい風景描写と、継続的で真っ直ぐな「愛」、そしてこの作品のために書き下ろした楽曲など、人々の心に感動を残す演出が随所にあり、約8分という長めの観光動画ながら、あっという間に感じられます。

南島原市が織りなす美しい風景と、男が貫いた純愛、そして心の隅々まで染み渡る歌声に、ぜひご注目ください。


■観光動画としては、新たな試み
観光動画といえば、その土地の観光資源をダイレクトに訴求するのが一般的です。
しかし、南島原市観光ショートフィルム「夢」は、観光資源を表に出すことなく、あえて人々の想いの裏に、その土地の魅力をそっと寄り添わせています。だからこそ、物語にリアリティーのある深みをより一層感じられるのではないでしょうか。


■楽曲情報
挿入曲「夢の続き/tricolor」
優河:ヴォーカル
中藤有花(tricolor):フィドル
長尾晃司(tricolor):ギター
中村大史(tricolor):ピアノ、チェロ、コーラス

<歌詞>
会って何を話すのだろう
伝えなかった言葉?
夢の中にも風が吹くなら
君の気配に触れたい

笑った顔が可愛い人は
沢山いるけど
哀しい時に手を繋ぎたいのは
君だけだったんだ

ここにいたの?
探し明け暮れたこの街

そばに そばに そばに いるよ
そばに そばに そばに いてよ
明日も そばに そばに いるために
今日も そばに そばに いさせて


南島原市 ホームページ http://www.city.minamishimabara.lg.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング