フォトブック作成サービス「Photoback」 無期限で増刷データを保管するクラウドサービス『マイライブラリ』を無料で提供開始

@Press / 2012年2月29日 15時30分

商品イメージ
コンテンツワークス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:荻野 明彦)は、当社が運営するフォトブック作成サービス「Photoback(フォトバック)」( http://www.photoback.jp/ )にて、無期限でお客様の増刷データを保管するクラウドサービス『マイライブラリ』を、2012年4月11日(水)から無料で提供開始します。


■『マイライブラリ』について
『マイライブラリ』は、「Photoback」を利用して一度注文したフォトブックの増刷データを保管するクラウドサービスです。保管期間は無期限、利用料金は無料、新たなお申し込みなどは不要です。お客様の増刷データは、注文後すべて『マイライブラリ』に保管されます。『マイライブラリ』により、お客様は大切な思い出のフォトブックを何年後でも増刷できます。

いままでインターネット上のフォトブック作成サービスは、ストレージの容量確保の問題などから、一度注文したフォトブックの増刷期間が限られているのが業界の常識でした(当社は通常40日間)。しかし、万が一お手持ちのフォトブックを紛失・破損しても、増刷期間経過後は増刷することができないため、増刷期間を延長してほしいというお客様の強い要望が絶えませんでした。そこで当社は、最新のクラウドコンピューティングをベースに「Photoback」のインフラシステムを再構築。お客様に安心安全なストレージシステムを実現するとともに、運用体制も大幅に効率化。無期限で増刷データを保管するクラウドサービスを無料で提供することになりました。

「Photoback」は登場から8年。来るべき結婚式の贈り物にと、毎年お子様の成長記録をつくられているお客様も数多くいらっしゃいます。万が一お手持ちのフォトブックを紛失・破損しても、何年後でも増刷することができる『マイライブラリ』は、そのようなお客様はもちろんのこと、すべてのお客様に対して、思い出が確実に残る安心感をもっていただけることでしょう。

東日本大震災から間もなく一年。当社では、被災地域にお住まいで、昨年3月時点に増刷データをお持ちの方を対象に、通常40日間の増刷期間を本年4月まで1年間延長する緊急対応をしました。今回これらの増刷データもすべて『マイライブラリ』に保管されることになります。大震災以前の大切な思い出のフォトブックが確実に残ることになり、微力ではありますが、当社ができる被災者支援の一つになるとも考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング