ケアネット、医師1,000人に調査 医師の3人に1人は疾患・状態により漢方薬を第一選択薬として処方

@Press / 2012年3月8日 16時30分

漢方薬の処方状況
 医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は2012年3月5日~6日、当社医師会員1,000人に対し、漢方薬の処方状況に関する調査を実施しました。

 2008年より“漢方科”の標榜が認められ、現在は医学生の教育カリキュラムに漢方医学に関する項目が含まれるなど漢方薬への期待が年々高まっています。本調査は、現場の医師の処方状況および今後の意向を尋ねたもので、医師の9割以上が漢方治療に関心を持ち、3人に1人は疾患・状態により漢方薬を第一選択薬としていることが明らかになりました。以下、詳細を報告いたします。


【結果概要】

◆医師の3人に1人は漢方薬を第一選択薬として利用。外科では半数以上に上る
 日常診療における漢方薬の処方状況を尋ねたところ、最も多かったのは『西洋薬の効果に満足しない場合は処方する』で42.4%、次いで『疾患・状態により第一選択薬とする』と回答した医師が34.1%となった。『患者から要望があった場合のみ処方』する医師を併せると、全体の9割以上が漢方薬を処方している。

◆漢方薬に最も求める効果は『症状の緩和』
 漢方薬に求める効果については、『症状の緩和』で74.9%。『西洋薬で効果が見られない場合の改善』は54.9%、『QOL向上』(30.9%)『体質改善』(28.0%)と続く。薬価が低く1つの薬で様々な症状に対応可能な漢方薬では、医療費の軽減が可能といわれているが『薬剤費の節減』については2.4%となった。

◆処方は患者の意向に左右され、「副作用がない」という思い込みに困惑
 「熱烈な漢方薬支持者、拒否者、懐疑的な患者と様々」「好き嫌いではっきり分かれてしまう。漢方薬だけは出さないでという患者さんが意外に多い」といった声が多く寄せられ、西洋薬と異なり、患者の意向で処方内容が左右されることが明らかになった。また、情報の氾濫により「漢方薬は副作用がないと思い込んでいる患者があまりに多い」「“漢方だけで治る“とテレビで放送があると大変困ります」など、強い思い込みをもった患者の対応に苦慮している様子が窺える。

◆「関心はあるが体系的に学ぶ機会が少ないため、限定的な処方に」
 漢方治療における「証」(患者の体質・体力・症状などを総合した診断結果)の判断が難しい、といったコメントが多く見られた。「専門ではなく細かい診断ができないので、特定の疾患に特定の漢方のみ処方している」など、関心はあるものの、病態の捉え方など全く異なる漢方医学を学ぶことに対し、時間的余裕・内容面で困難を感じている医師が多い。

@Press

トピックスRSS

ランキング