エンピレックス、コンタクトセンター及びユニファイド・コミュニケーション向けVoIPネットワーク分析ソリューションを発表

@Press / 2012年4月20日 11時30分

Empirix Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ベッドフォード、CEO:ジョン・ディアナ、以下 エンピレックス社)は、VoIP ネットワーク、コンタクトセンター、ユニファイド・コミュニケーション(UC) インフラストラクチャーの顧客・サービス・運用傾向を特定化し予測する、Empirix xCentrix(エキセントリクス) VoIP/Media分析パッケージソリューションを発表しました。
このパッケージは、エンピレックス社の多岐に渡る技術、業界、ソリューションでのノウハウを活用しています。データを重要な測定値とインテリジェンスへ変換することで、より良いユーザー体験品質の提供、コミュニケーションの向上、新たな収益機会、また技術投資の価値を実感することに関心を持つ企業に大きな価値をもたらします。


■Opus Research社 シニアアナリスト ダン・ミラー氏の話
「優れた顧客体験を売りにするために、音声・データ分析がいかに重要であるかは顧客サービスやマーケティングの担当者にとっては周知の事実です。しかし、現実はネットワークデータの分析と顧客サービスへの目的がまだ関連付けられていません。Empirix xCentrix VoIP/Media分析パッケージは、経営陣が顧客満足やその維持、収益性に影響する問題の特定化を進め、取り組むために必要な、ネットワーク、顧客ケアリソース、コンタクトセンターのデータのトラフィックを理解する上で役立ちます。」


Empirix xCentrix VoIP/Media分析パッケージにより、特化されたVoIPによる呼品質、エラー、またトラフィック分析が企業に提供されると同時に、Empirix xCentrixネットワーク分析プラットフォームを介して、顧客、通信先、ネットワーク要素、通信事業者のそれぞれのデータ測定値が提供されます。
これにより、重要なデータポイントが相互に関付けられ、ユーザーが多角的な視点からパフォーマンスと傾向を評価できるレポートが提供されます。またEmpirix xCentrixには、より自由な分析を行うことを目的にしたウェブベースのインターフェースがあります。これにより、微細なイベントをドリルダウンして根本的な原因を分析し、複数のデータポイントとKPIをレイヤーにすることで、隠れた傾向を明らかにします。大量のデータを迅速にコントロールして、それぞれのユーザーに応じた有益なデータを提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング