高速屋、ビックデータに対応した高速データ処理ソリューションを発表!「高速機関 on Cisco UCS」を開発

@Press / 2012年5月7日 14時0分

株式会社高速屋(代表取締役社長:新庄 耕太郎、所在地:神奈川県川崎市幸区、以下 高速屋)は、シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、所在地:東京都港区赤坂、以下 シスコ)の革新的なサーバ・アーキテクチャであるCisco Unified Computing System (Cisco UCS)に、高速屋の斬新な高速データ処理エンジンを組み合わせることで、ビックデータ対応の高速データ処理ソリューションの提供を開始したことを発表しました。高速屋は、高速データ処理ソリューションの一環として、メモリ型データベースシステム「高速機関 on Cisco UCS」を開発しました。お客様は、「高速機関 on Cisco UCS」を活用することで、ビックデータに対応する高速データ処理環境を容易に構築することができます。


【Cisco UCSについて】
Cisco UCSは、サーバ、ネットワーク、ストレージアクセス、仮想化等のクラウドコンピューティングに必要なリソースを1つのシステムとして統合し、ブレード・ラックの筐体を意識することなく拡張・管理することができる理想的かつ画期的なプラットフォームです。業界最高水準のアプリケーションパフォーマンスにより、サーバ・クライアントの仮想化プラットフォームはもとより、データベースを始めとするビッグデータ、Javaアプリケーション、HPCアプリケーション、Webサービスとしても最適なプラットフォームです。2009年の販売開始以来、業界標準の各種ベンチマークで63の世界記録を達成しています。

また、進化しつづけるコンポーネント技術を取り入れ続け、2012年3月には第3世代ファブリックコンピューティングプラットフォームとなりました。コンピューティング能力として、従来比最大8倍のメモリ容量と最大4倍のI/O性能を実現するとともにファブリック・ネットワーク部分でも2倍から4倍のネットワーク帯域の拡張など、高速屋の高速データ処理エンジンが必要とするI/Oスループットやメモリ性能要求を満たす最適な環境です。


【高速機関 on Cisco UCSについて】
「高速機関 on Cisco UCS」は、Cisco UCSの特長を最大限に活用して、高速データ処理に定評のあるメモリ型データ処理エンジン「高速機関」を基盤とし、ビックデータに対応する高速データ処理システムを開発しました。「高速機関 on Cisco UCS」の特長は、下記の通りです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング