~2012年・夏 トレンド予測レポート~ 今年も節電の夏、到来! 今年の夏の節電対策は「朝節電」が決め手 今年の夏の節電意識について、500名の主婦に調査

@Press / 2012年6月27日 14時0分

「“朝家事と節電”への意識調査」
生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)は、2012年夏の節電対策のトレンドとして、朝行われる家事の節電に着目し、レポートします。

昨年は震災の影響から、電力不足が深刻な問題となり、計画停電が行われるなど、節電に対しての意識が非常に高くなった年でした。東京電力が「2012年7月1日からの家庭用電気料金平均10.28%の値上げ」を申請するなど、電気代の値上がりが現実味を持ち、今年の夏も節電への意識が高まっています。

また、東京電力では2012年6月1日から「ピークシフトプラン」、関西電力では2012年7月1日から「季時別電灯PS」という、時間帯に応じて電気代が変わる料金メニューを始めました。23時~7時、7時~13時、13時~16時、16時~23時で料金が変わるメニューです。

そこで今回、トレンド総研では、こうした電力会社の「ピークシフト」を導入する流れにも注目し、この夏の節電対策のトレンドとして、朝の時間に行う活動に対する節電対策を「朝節電」として取り上げます。その中でも、朝に電気を使うことの多い家事における「朝節電」に着目しました。


■レポート内容

(1)20~40代専業主婦の、今年の夏の節電意識調査
20~40代の専業主婦を対象にした調査から明らかになった、主婦たちのこの夏の節電意識と朝の家事における節電意識を発表します。

(2)専門家が語る家事における「朝節電」テクニック
朝に節電対策を実施する重要性や、朝家事における節電テクニックについて、暮らしや家事の専門家の和田由貴氏よりコメントをいただきました。

(3)「朝節電」ができる各家事(朝食、洗濯、部屋掃除)の商品紹介
朝食作り、洗濯、部屋掃除におけるヒット商品や注目商品をご紹介します。


■「“朝家事と節電”への意識調査」で明らかになった主婦の今夏の節電意識とは!?
東京電力の電気代の値上げ申請をはじめ、去年に続いてこの夏も節電が話題になっていますが、家計を握っている主婦は今年の夏の節電に対してどのように考えているのでしょうか。そこで、「今年の夏と朝の家事の節電」に関する主婦の意識を明らかにすることを目的として、全国の20代~40代の専業主婦500名を対象に「“朝家事と節電”に関する意識調査」を実施しました。

[調査概要]
調査対象: 20代~40代の専業主婦 500名
調査期間: 2012年5月28日(月)~2012年5月30日(水)
調査方法: インターネット調査
グラフ : http://www.atpress.ne.jp/releases/28058/4_1.PNG

@Press

トピックスRSS

ランキング