テクノスジャパンがSAP予算管理システム導入でメルクの予算編成業務効率を大幅に改善

@Press / 2012年6月26日 11時0分

株式会社テクノスジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:城谷 直彦、以下 テクノス)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下 SAP)は、化学品・ライフサイエンス関連製品の研究開発・製造・加工・販売を行うメルク株式会社(以下 メルク)が、予算編成業務においてSAPのグローバル経営管理アプリケーションであるSAP(R) Business Planning and Consolidationを導入し、本格稼働を開始したことを発表します。

メルクは予算作成シートの作成や各部署間のデータの受け渡し、予算データの収集・集計など予算編成業務全般において、一層の効率化を検討してきました。すでに、SAPのERPアプリケーションを利用しているメルクは、予算編成業務の業務効率改善を目的としてSAP(R) Business Planning and Consolidationを導入しました。

メルクがSAP(R) Business Planning and Consolidationを採用した理由は、フロントエンドにスプレッドシートをインターフェースとして使えるため従来の操作性に近い形でのシステム化が可能である点、グループの基幹システムであるSAP ERPと親和性が高く、多言語対応が可能な点、多くの実績がある点などが挙げられます。

また、導入に際しては、テクノスのSAP ERPやSAP NetWeaver(R)の導入実績と、予算編成業務への知見、プロジェクトマネージャーの実績と信頼性が評価されました。

メルクでは、100以上の部門向けにフォーマットを作成していた作業が不要になるなど、予算編成業務全般における作業が大幅に改善されたことにより、業務の効率化・省力化が実現されました。

                                 以上


<SAP(R) Business Planning and Consolidationの概要>
SAPが提供する、企業の計画策定、予算編成、予測業務の効率向上を支援する強力な経営計画及び経営管理アプリケーションです。トップダウンおよびボトムアップの財務計画や事業計画に関するさまざまなニーズに対してシート配布、自動集計、進捗管理、シミュレーションなどの豊富な支援機能を有し、全世界で3,600社以上の販売実績を誇るソリューションです。
※詳細は、こちらをご覧ください。( http://www.sap.com/japan/solutions/sapbusinessobjects/large/enterprise-performance-management/planningandconsolidation/index.epx )
※テクノスのSAP(R) Business Planning and Consolidation導入支援サービスについては、こちらをご覧ください。( http://www.tecnos.co.jp/solution/business/epm/sap.html )

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング