オフィス街のど真ん中に現れた異空間! まだ知られていない美味しい情報をどんどん発信して挑戦する イタリアンレストラン「Vivacchus(ヴィヴァッカス)」オープン

@Press / 2012年7月24日 11時30分

バーカウンター
株式会社Wine-ismは、本町、北浜、淀屋橋に囲まれたオフィス街のエリアのど真ん中にこのエリアには珍しいスタイルのイタリアンレストラン「Vivacchus」をオープンしました。
http://www.vivacchus.co.jp/index.html


【「Vivacchus」の特徴】
◆新発見と遊びごころ
「いつ訪れても、新発見やささやかな感動があるお店」をコンセプトに今年4月にオープンしたイタリアンレストランです。
珍しい食材はもちろん、調理法が違えば普段よく見かける料理も、格段に美味しくなります。また、ワインとお料理の合わせ方を変えれば、お互いの相乗効果でワインもお料理も劇的に美味しくなります。そういった、まだまだ知られていないであろう美味しいものや美味しい情報をちょっとした遊び心を加えつつ、お客様に提供していきます。
他とは違うオリジナリティを目指して、お客様から「へぇー」という言葉を頂ける様にスタッフ一同が日々挑戦しています。


◆イタリア政府認定ソムリエによるワインサービス
当店のソムリエは日本のソムリエ資格を持ちながら、イタリア政府認定のイタリアのソムリエ資格取得者でもあります。それぞれのお料理に合うワインをグラスで一杯ずつお出しする「お任せグラスワイン」など、目からうろこの組み合わせなども織り交ぜつつ、お料理とワインの組み合わせの楽しさを知って頂く為のメニューもあります。


◆オフィス街の異空間
中央区本町の中心のオフィスビルが立ち並び、サラリーマン狙いの居酒屋さんやバールなどが大半を占める中、ひっそりと地下に隠れ家のような形で当店は存在しております。
ディナータイムはもちろん、ランチタイムは特にここがオフィス街という事を忘れてしまうほど、時間の流れがゆっくりとした落ち着ける空間です。


◆オブジェや内装に遊び心や秘密あり
入口の階段わきには地下へと続く大きなゴールドの看板と、その先には等身大の石像。店内にも大きな特注のシャンパンクーラーや特徴的な絵画、そして極めつけのカウンターにはちょっとした秘密の仕掛けもあり、一見落ち着いたシックな木の温もりのある内装の中に遊び心がたくさん詰まっています。


◆多目的で使って頂ける構造(個室、バーなど)
店内には、ゆったりとしたメインダイニングと、人気のカウンターと個室の3つのエリアがあり、それぞれを目的によって使い分けて頂けます。
カウンターではお酒をメインに楽しんで頂き、個室は接待や顔合わせ、会食などに最適です。


メニュー(抜粋)
サザエの香草バターグラタン         ¥1,000
ホワイトアスパラと目玉焼きトリュフの香りで ¥1,400
希少!コラーゲンたっぷりペペロンチーノ   ¥1,200
濃厚カニみそパスタ             ¥2,200
特製ヴィヴァッカスカレー          ¥1,400
和牛もも肉粗引きハンバーグ         ¥2,500
ヴィヴァッカス特製ババ ラム酒をきかせて  ¥ 600


レストラン情報
【Vivacchus】
住所    : 大阪市中央区淡路町3-2-8 トーア紡第二ビルB1
営業時間  : ランチタイム 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
        ディナータイム17:30~23:30(ラストオーダー22:30)
TEL     : 06-6233-3770
FAX     : 06-6233-3771
定休日   : 日曜日、祝日
オープン日 : 2012年4月3日
座席数   : 29席
客単価(概算): ランチ¥900、ディナー¥6,500


■会社概要
商号  :株式会社Wine-ism
代表者 :代表取締役 正木 亜矢子
所在地 :〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-2-8 B1
設立  :平成24年1月
事業内容:飲食業運営
資本金 :700万円


■当店に関するお客様からのお問い合わせ先
イタリアンレストラン 「Vivacchus(ヴィヴァッカス)」
電話番号:06-6233-3770
担当者 :正木 亜矢子(マサキ アヤコ)


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

和牛モモ肉粗挽きハンバーグ 店内メインダイニング ホワイトアスパラと目玉焼きトリュフの香りで

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング