ビクトレックス社、2015年初頭に新プラント操業開始を発表 VICTREX(R) PAEK樹脂の生産能力を大幅増強

@Press / 2012年10月11日 13時30分

英国ソーントン・クリーブリーズ(2012年10月11日)― 高性能樹脂PAEKの世界最大手ビクトレックス・ポリマー・ソリューションズ(以下、ビクトレックス社)は、自動車・航空宇宙をはじめとする輸送機器産業、電気電子などの産業分野における世界的な需要増加の見通しからVICTREX(R) PAEK樹脂の生産能力を約70%増強する計画を発表しました。

(※PAEK:ポリアリルエーテルケトン。PEEK樹脂を含む、製品群の総称)


この計画ではイギリスの本社敷地内にビクトレックス社の3つ目となる新規独立型プラントを建設し、2015年初頭からVICTREX PAEK樹脂の年間生産能力を2,900トン引き上げる予定です。年間生産能力は現在の4,250トンから約70%増強となる7,000トン超となる見込みです。2012年9月30日に終了した会計年度で史上最高の年間販売量2,904トンを達成したことに加えて、順調に進む新規用途開発のさらなる成長を見据えてこの重要な投資を決定しました。

今回の生産能力増強は優れた供給力を確保するというビクトレックス社の方針をさらに強化するものです。ビクトレックス社は常に需要に先んじて設備投資を行ってきた実績があり、市場の成長が加速する状況下において既存および新規顧客にPAEK製品を安定供給すべく、他社の追随を許さない基盤を築いています。

ビクトレックス社のマネージング・ダイレクターを務めるTim Cooperは次のように述べています:
「現在、そして将来も当社の既存および新規顧客のニーズを満たすために高品質PAEK樹脂を高い信頼性でもって供給し続けることは、当社の戦略上不可欠な要素です。当社の既存および新規顧客には、PAEK樹脂に対する需要を完全に満たす当社の供給能力に満足していただけるはずです。」

Ensinger GmbHのマネージング・ダイレクターを務めるRoland Reber氏は「この業界では、市場の需要を満たすために迅速な対応が不可欠です。PAEK樹脂の主要サプライヤーとして、ビクトレックス社は厳しい要求に対してスケジュールを守り、当社が顧客のニーズに応えるための重要なパートナーです。今回の発表はこうした重大な側面を満たすビクトレックス社の能力をさらに増強するものです」と話しました。


ビクトレックス社のPAEK樹脂は幅広い産業分野における顧客やエンド・ユーザーのさらなる成功をサポートしています。軽量、頑丈で多用途なVICTREX PAEK樹脂は安全性能における妥協を一切許さない高い信頼性も発揮することから、最終製品の保証期間の延長や莫大な費用のかかる製品リコールの発生率低減にも貢献しており、様々な業界のエンジニアに選ばれています。ビクトレックス社は、石油やガスの回収に使用可能な押出パイプである新製品 VICTREX Pipes(TM)を昨年製品群に加えており、VICTREX PAEK樹脂やAPTIV(R)フィルムを使用するコンポジット品は複数部品の一体化に応用することができることから、部品の軽量化および部品製造コストの削減に取り組む幅広い業界の設計エンジニアらの間で注目されています。


【ビクトレックスについて】
ビクトレックス(Victrex plc)は英国に本社を置く、高機能ポリアリルエーテルケトン製品のメーカーです。主な製品はVICTREX(R) PEEK樹脂、VICOTE(R)コーティングおよびAPTIV(R)フィルム、VICTREX Pipes(TM)です。ビクトレックスの高機能性材料は、様々な産業分野で利用されており、多くの優れた特性をバランス良く発揮することで、コスト低減、高品質、他社製品との差別化といったメリットを顧客に提供しています。ビクトレックスの全ての製品はISO 9001:2008により品質管理されています。
ビクトレックスおよび同社製品詳細は、 http://www.victrex.com/jp をご覧ください。


VICTREX(R)およびVICTREX Pipes(TM)はVictrex Manufacturing Limitedの登録商標。
PEEK-ESD(TM)、HT(TM)、ST(TM)、WG(TM)はVictrex plcの商標。
VICOTE(R)およびAPTIV(R)はVictrex plcの登録商標。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング