クラウディアン社のS3オブジェクトストレージ製品Cloudianが、バックアップ/リストア製品CA ARCserveとともに利用可能に

@Press / 2013年2月26日 11時0分

クラウディアン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、CA Technologies (東京都千代田区、代表取締役社長:内藤 眞)が提供するバックアップ/リストア・ソフトウェア製品、CA ARCserve(R) BackupおよびCA ARCserve(R) D2Dの2月26日発表の最新版r16.5とr16と、S3オブジェクトストレージ製品Cloudian(R)との接続性を相互に公式確認しましたのでお知らせいたします。


CA ARCserve Backupは、日本で最も利用されているバックアップ/リストア・ソフトウェア製品です。使いやすい日本語ユーザインターフェイスを備え、ディスクからディスク、ディスクからテープへのバックアップはもちろん、多様なバックアップ/リストア機能を標準で搭載したソフトウェアです。さらに、データ重複排除機能によって、バックアップデータやストレージの無駄を省いたり、さまざまなタイミングでのデータ暗号化機能によってデータを安全・確実に保護します。また、CA ARCserve D2Dは、Windows環境に対応した最も簡単なイメージバックアップ製品で、システム全体をすばやく丸ごとディスクにバックアップし、丸ごとリストアしたり、ファイル単位でリストアするのに最適な製品です。

CA ARCserveとCloudianとの接続性が相互に公式確認されたことにより、CA ARCserveの利用者はもとより、ストレージのコスト削減に課題を抱えるバックアップ利用者は、Cloudianを採用するニフティの「ニフティクラウドストレージ」、NTTコミュニケーションズの「Biz ホスティング Cloudn(クラウド・エヌ) Object Storage」等、日本を代表するクラウドストレージサービスをデータのバックアップ/リストア元として選択できることになりました。

従来、データの1次バックアップはディスクに書き込み、時間のあるときにテープに書き込む、いわゆるD2D2T(Disk to Disk to Tape)と、バックアップ/リストアの迅速化を図るためにディスクを利用するD2D2D(Disk to Disk to Disk)の2つの方法が主流でした。このたびの接続性確認により、クラウドストレージをバックアップデータの保存先とするD2D2C(Disk to Disk to Cloud)の流れが、日本においても本格化すると期待されます。

@Press

トピックスRSS

ランキング