「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会・シンポジウムを6月23日(日)大阪にて開催

@Press / 2013年6月12日 10時30分

学校法人 上田学園(所在地:大阪市北区)では、日本が世界に誇るコンテンツ産業の核である「漫画・アニメ・ゲーム」につき、本業界を牽引し、今なお第一線で活躍されている日本を代表するクリエイターである、「小池一夫」「杉井ギサブロー」両氏をお招きして「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会&シンポジウムを2013年6月23日(日)に大阪にて開催します。

URL: http://oaed.jp/lecture0623/


■イベントを行うに至った背景
世界的なクールジャパンの潮流のなかで、日本のコンテンツ産業の核である「漫画・アニメ・ゲーム」は現在わが国の重要な資源であります。漫画雑誌が大いに売れた時代は終わり、インターネットの普及により日本のコンテンツ業界も大幅に変革いたしました。またアジアをはじめフランス・アメリカ等の欧米諸国の台頭も目立つ中、今後日本のコンテンツ産業が目指すべき未来像について、個性的で魅力的な作品を生み続けてきた日本を代表するクリエイター達を大阪にお招きして、今後の中小企業分野がかかわり得る業界の未来像やその可能性について大いに語って頂く講演会&シンポジウムを開催する運びとなりました。


■プログラム
<第I部>
9:30 開会  学園長 越田英喜
9:45~10:45 記念講演
テーマ:「杉井ギサブローアニメワールド」
内容 :「杉井ギサブローのアニメ監督としての実績とアニメづくりの思想」
講師 :杉井ギサブロー(アニメーション監督)
10:50~12:30 シンポジウム
テーマ  :「世界のアニメの潮流」
内容   :「日本のアニメは今後、どのように発展していくのか?」
パネリスト:・原口正宏(リスト制作委員会主催)
      ・りんたろう(アニメーション監督)
      ・前田庸生(京都精華大学教授)
<休憩>
<第II部>
13:30~14:30 記念講演
テーマ:「小池一夫とその弟子達」
講師 :小池一夫(作家、漫画原作者)
14:35~16:30 シンポジウム
テーマ  :「小池一門漫画活動裏話」
パネリスト:・堀井雄二(ゲームデザイナー)
      ・山口貴由(漫画家)
      ・椎橋寛(漫画家)
閉会 池崎義男(教務部長:予定)


■出演者略歴
・杉井ギサブロー(アニメーション映画監督)
1940年静岡県生まれ。東映動画にアニメーターとして入社し、後に虫プロ創立に参加。「鉄腕アトム」演出、「悟空の大冒険」にて初監督。「まんが日本昔ばなし」「キャプテン翼」ほか多数の作品を手がけ、主な監督作品に「銀河鉄道の夜」「タッチ」「あらしのよるに」などがある。2012年夏公開の宮沢賢治原作「グスコーブドリの伝記」が第16回メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。京都精華大学では、アニメーションの「動学」「映像言語」の研究をもとに、「原論」「演出論」の講義を行っている。

@Press

トピックスRSS

ランキング