家電販売・サービスのプロ資格「家電製品アドバイザー・家電製品エンジニア」に最上級を表す『エグゼクティブ等級』が登場!

@Press / 2013年7月22日 14時0分

認定証
一般財団法人家電製品協会 認定センター(所在地:東京都千代田区、センター長:森 拓生)が推進する家電製品アドバイザー(※1)及び同エンジニア(※2)の両資格制度は、発足来12年になり、家電業界で最も広く浸透した資格制度として、今も多くの受験者を集めていますが、来る9月に行われる第25回全国統一試験(※3)より、新たな制度を導入してブラッシュアップを図ります。
その新しい制度は『エグゼクティブ等級』と呼び、当該資格制度の認定試験において、トップ水準で合格した人材に「ゴールドグレード」あるいは「プラチナグレード」などの『特別称号(エグゼクティブ等級)』を付与するものです。上記の9月試験(※3)にて、制度適合者を選考し、11月1日付にて、初めてとなる“エグゼクティブ”が誕生します。

※1.家電製品アドバイザー:家電の販売・接客のプロフェッショナル資格
http://aeha-nintei.com/shikaku/index.html#a1
※2.家電製品エンジニア :家電の設置・トラブル対応のプロフェッショナル資格
http://aeha-nintei.com/shikaku/index.html#e1
※3.第25回全国統一試験 :本年9月8日(日)および同11日(水)、全国主要都市にて実施
http://aeha-nintei.com/shaken/index.html


1.特別称号『エグゼクティブ等級』の概要

1)エグゼクティブ等級とは
家電製品の販売・設置・故障診断・修理などにおいて、消費者の皆様に適切なアドバイスと的確なサービスを提供するプロ人材“家電製品アドバイザー・同エンジニア”は、制度発足来12年間で約14万人が資格を取得し、社会で活躍しています。そのプロ人材のなかでも、さらに選りすぐられた“プロ中のプロ人材”を証すものが『エグゼクティブ等級(ゴールドグレード・プラチナグレード)』です。


2)エグゼクティブ等級の種類と認定基準
・ゴールドグレード
次の資格試験において、高得点で合格された方に『ゴールドグレード』の特別称号を付与します。

a.家電製品アドバイザー(生活家電)
所定の受験科目について、両科目共「180点以上/200点満点」で合格した場合
b.家電製品アドバイザー(AV情報家電)
所定の受験科目について、両科目共「180点以上/200点満点」で合格した場合
c.家電製品エンジニア(生活家電)
所定の受験科目について、両科目共「170点以上/200点満点」で合格した場合
d.家電製品エンジニア(AV情報家電)
所定の受験科目について、両科目共「170点以上/200点満点」で合格した場合

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング