アジアインサイトレポート 第6弾 『中国市場実態調査~テレビ編~』

@Press / 2013年12月18日 11時15分

図1-現在保有しているテレビのメーカー(上位10社)
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。
第6弾のレポートでは、『中国市場実態調査~テレビ編~』を発表します。本調査は、2012年7月と2013年7月に中国の20~50代一般男女300人を対象にテレビに関する調査を実施し、結果をまとめました。

分析者:
株式会社インテージホールディングス 上海事務所 川崎 訓
株式会社インテージ DCG・サービス事業本部 浅井 麻紀


-----------------------------------------------------------------
◆調査結果のまとめ◆
-----------------------------------------------------------------
中国におけるテレビ市場の実態を調査した結果、「現在保有しているメーカー」においてはHisense(海信)、Skyworth(創維)のローカル・香港の中華系メーカーが上位2位を占め、次いで韓国系メーカーのSamsung(サムスン)が続く。一方で、「次期の購入意向メーカー」としては、Sony(ソニー)が1位、次いでSamsung、Sharp(シャープ)と日系メーカー勢が目立つ結果となっている。
しかしながら、経年で見ると、現在保有および次期購入意向ともに、日系メーカーが停滞もしくは縮小しているのに比べ、韓国系のSamsungおよびHisense、Skyworthといた中華系が順調に伸長している点が目立つ。その背景としては、日系メーカーが得意としてきた高性能・高価格市場に、SamsungそしてHisenseやSkyworthといった中華系メーカーが勢いを伸ばしてきていることが考えられる。
現在、中国では、インターネット動画が視聴できたり、タブレットPCやその他の端末との連動が簡単にできる多機能な製品(スマートTV)の市場が急成長している。Samsung、Hisense、SkyworthはスマートTVに注力し、さらに価格を日系メーカーより安く設定しているため、多くの消費者に受け入れられているようだ。
これまで高性能、高品質、高価格の路線でポジショニングを築いてきた日系メーカーであるが、上記のような市場・競合の動きの中で、その地位が揺らいできているといえる。
ただし、次期購入意向メーカーに、日系メーカーが上位をキープしていることからも分かる通り、日系ブランドの品質への信頼感は根強いと考えられる。
変化のスピードが非常に早い中国市場において、消費者のニーズに素早く対応、または先読みしながら、新たなポジショニングを築いていくことが、日系メーカーに求められていると思われる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング