ID・パスワードを安全に一括管理できる「Bizパスワード」の提供開始について

@Press / 2013年12月19日 13時0分

別紙
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、業務で利用するWebサービスや社内システムへの自動ログインと、ID・パスワードの一括管理を実現するクラウド型パスワード管理サービス「Bizパスワード」を、2013年12月19日より提供開始します。


1.背景
 企業が業務で利用するWebサービスや社内システムには、ID・パスワードが必要なものが数多くあり、利用者である社員はたくさんのID・パスワードを使い分けなくてはなりません。このため、覚えやすいように誕生日や単純な文字列などの推測しやすいパスワードを使用してしまうケースや、パスワードを付箋紙にメモして他人の目につく場所に貼ってしまうケースなど、漏えいのリスクのある状況も発生しています。こうした状況を鑑み、社員にとっては、Webサービスや社内システムのログインを簡素化して利便性を向上させ、管理者にとっては、一括して安全に社員のアカウントを管理することで情報漏えいリスクを抑制するサービスとして、「Bizパスワード」を提供します。


2.サービスの特長<別紙参照>
(1) Webサービスへの自動ログインで利便性を向上
 「Bizパスワード」では、1つの「マスターパスワード」に複数のWebサービスや社内システムのID・パスワードを紐づけて保管します。各Webサービスや社内システムへの初回ログイン時にID・パスワードを「Bizパスワード」に登録することで、2回目以降に利用する際はID・パスワードを入力することなく自動でログインすることが可能です。業務で利用するWebサービスや社内システムがたくさんあっても、それぞれのID・パスワードを覚え、都度入力する手間を省くことができます。

(2) ID・パスワードをクラウド上で安全に保管
 登録したID・パスワードは、端末およびNTT Comの強固なクラウド基盤上に暗号化して保管されます。またサーバ・端末間のデータ同期の通信も暗号化されており、安全に利用できます。

(3) スマートデバイス(*1)でも使えるマルチデバイス対応
 ID・パスワードをクラウド上に保管するため、パソコンやスマートデバイスなど、端末を問わずに利用することが可能です。オフィスだけでなく、外出先や自宅でも、安全に「Bizパスワード」によるログインができます。

(4) アプリケーションをインストールするだけで利用でき、導入が簡単
 利用者の端末に専用アプリケーションをインストールするだけで、本サービスを利用することができます(*2)。利用しているWebサービスや社内システムに手を加える必要がないため、簡単かつリーズナブルな導入が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング