デジタルテクノロジー事業運営会社 アンプリア株式会社を4月1日設立

@Press / 2014年3月27日 15時0分

 GCAサヴィアン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:渡辺 章博)は、M&Aアドバイザリー周辺業務を強化すべく、下記の通りデジタルテクノロジー事業運営会社、アンプリア株式会社を、2014年4月1日に設立いたします。


1.設立の目的
 当社グループは、米国サンフランシスコにおいては、シリコンバレーを中心とした米国スタートアップ企業の資金調達、及びイグジットの際のM&Aアドバイザリーサービスを数多く提供しております。又、日米双方において、日米のネットワークを最大限に活用し、多くの日米クロスボーダーM&A案件へのアドバイスを行ってきました。
 これらの経験を通じ、多くの日本企業は、買収および投資判断の実行の前に、対象企業とのビジネス上での協業を実施したいと希望している一方で、対象となる米国スタートアップ企業は、資金調達、グローバル展開、経営戦略、イグジット戦略等、総合的なサポートを必要としていることを実感しています。そこで、M&Aアドバイザリーサービスにとどまらず、これらの関連するサポートも当社グループで提供することを目的として、この度、新会社を設立することとしました。
 新会社は、米国と日本を含むアジアにおけるデジタルテクノロジーの架け橋となります。日本・アジア企業が米国企業の先端技術を発掘するサポートを行うほか、新しいテクノロジーを開発した米国企業に対して、同社の技術を日本・アジアの既存流通チャネルに乗せることで、日本・アジア市場への参入といった戦略的意思決定に拘わるアドバイスを行っていきます。また、米国企業のテクノロジーやソリューションを日本・アジア市場の特徴にあわせてローカライズをするための技術サポートも提供してまいります。


2.新会社の概要
(1)商号   :アンプリア株式会社
(2)所在地  :東京都千代田区丸の内1-11-1
        パシフィックセンチュリープレイス丸の内30階
(3)設立年月日:2014年4月1日
(4)資本金  :3,000万円(設立時)
(5)株主   :GCAサヴィアン株式会社 100%
(6)代表者  :代表取締役 久保田 朋彦
(7)事業内容 :デジタルテクノロジー事業運営
(8)決算期  :12月末日(予定)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング