中堅中小企業向けの営業支援・コンタクト情報管理サービス「Biz eコンタクトアシスト」を提供開始

@Press / 2014年5月30日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、営業活動に必須である、見込み顧客や取引先(リード)情報とその接触(コンタクト)情報を、クラウド上で管理できるアプリケーションサービス「Biz eコンタクトアシスト」を、2014年5月30日から提供開始します。
 また、「Biz eスケジューラ(*1)」や「Biz Suite eカタログ(*2)」と併せて利用することでお得な価格になる「外販営業セット」の割引キャンペーンを実施します。


1. 背景
 中小企業の中には、コストの削減や業務効率化に次いで、ITを活用した「営業力・販売力の維持・強化」を経営課題として抱えている企業が多くあります(*3)。一方で、本格的なSFA/CRM(*4)の導入に際しては、「利用料金が高い」「初期の設定や導入トレーニングが負担」といった声が経営者から上がっています。また営業担当者からは、顧客情報に関して、入力/更新の簡素化や、社内での効率的な共有、外出先でのスピーディーな確認などができるサービスが求められています。
 NTT Comは、これらの課題を解決するため、安価で導入しやすく、機動性に優れた「Biz eコンタクトアシスト」を提供します。


2. サービスの特長
 顧客の名刺をスマートフォンやスキャナーで読み取ってデータ化し、リード情報としてクラウド上で管理・共有します。名刺管理・アドレス帳・簡易日報・コンタクト情報とそのステータス管理などの機能を備えます。<別紙参照>

【別紙】
http://www.atpress.ne.jp/releases/46921/att_46921_1.pdf

(1) 顧客情報をクラウドで安全に共有
 登録した連絡先情報(会社名・部署名・氏名・電話番号・メール・住所など)やコンタクト情報(メモ・議事録・属性・ステータスなど)を、社内で共有し、効率的な営業をサポートします。情報の公開範囲の設定も可能です。

(2) タイムリーな報告と指示による営業連携を実現
 簡易日報機能により、見込み顧客などへのコンタクト状況や議事報告の登録と同時に、上司や関係者へメールで通知をすることができます。また、その報告内容に対して上司や関係者からコメントを返すことができます。

(3) BYOD(*5)にも対応し、外出先でも迅速なアクションが可能
 NTT Comが提供する信頼性の高いクラウド基盤に保管された顧客情報は、スマートフォンやタブレットからいつでもどこでも参照できます。顧客の名刺や手帳を持ち歩く必要がなく、紛失時の漏えいリスクを回避します。
 また、NTT Comの「Bizメール(*6)」や「050 plus for Biz(*7)」と併せて利用することで、社員個人のスマートフォンから利用する場合でも、社用メールアドレスや社用電話番号を使って顧客の連絡先に連絡することが可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング