ワンストップICTマネジメントサービス「Global Management One」の日本語サービス提供開始について

@Press / 2014年7月2日 13時30分

豊富なサービスメニュー
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、企業がグローバルに展開するICT環境を運用するワンストップICTマネジメントサービス「Global Management One」について、2014年4月より英語でのサービス提供を行ってきました。このたび、2014年7月より日本語でのサービス提供を開始し、日系企業をはじめとしたより多くの企業へのサポートを展開していきます。


1.概要
 「Global Management One」のサービスポートフォリオは、アプリケーション、クラウド、オンプレミス環境、ネットワークを含むICT環境全体を網羅しており、お客さまのご要望に応じた最適なソリューションを提供することが可能です。NTT Comのサービスはもちろん、他社のサービスもその対象に含むことを特徴としています。ITサービスマネジメントのベストプラクティスであるITIL(*1)に準拠し、監視、トラブル復旧、原因究明、対策検討、変更管理などのトータルオペレーションサービスを実現します。
 また、グローバル均一のサービス・品質・料金を実現することで、グローバルに企業活動を展開するお客さまを支援します。

<豊富なサービスメニュー>
http://www.atpress.ne.jp/releases/48260/img_48260_1.gif


2.特長
(1) コスト削減を実現
 システム運用実績が豊富なNTT Comグループのエンジニアが持つ高い技術力と、グローバルに展開するオペレーションセンターによって、お客さまのICT環境を運用します。
お客さまのICT管理業務を軽減し、運用フローの最適化、自動化、効率化を推し進めることで、平均約30%の運用コスト(TCO)削減を実現します。

(2) 統合ポートフォリオをモジュール化
 ビルディングブロックモデルにより、お客さまの用途やICT環境に応じてメニューを選択し、組み合わせることでカスタマイズが可能です。アプリケーションから、クラウド、ネットワークまでを、お客さまが利用している他社サービスも含めEnd-to-Endに網羅します。

(3) 自動化による効率化
 運用プロセスの自動化を徹底し、検知から復旧までの対応スピードを速め、MTTR(Mean Time To Repair)を削減しています。また、ヒューマンエラーが削減されるため、全体の運用管理品質の向上も実現しています。
なお、自動化プラットフォームには海外での多くの運用実績を持ち、グローバルマーケットで高い評価を受けているIPsoft社(*2)のツールを使用しています。 NTT Comが日本で唯一IPsoft社とパートナーリングをしており、最先端のプラットフォームで日本語でのマネジメントサービス提供を可能にしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング