P板.com、全国各地で開催したGUGENハッカソンの決定版となる課題解決型ハードウェアハッカソン「Hirameki」を8月8日~10日に開催

@Press / 2014年7月15日 11時30分

「Hirameki」TOPページ
 初期費用なし・オンライン自動見積もりで発注できるプリント基板のネット通販サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営する株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂 正樹)は、クリエイターのアイデアを具現化するハードウェアコンテスト「GUGEN」主催の開発者向けイベント“課題解決型ハードウェアハッカソン「Hirameki」”を8月8日(金)~10日(日)の3日間、東京で開催いたします。

http://gugen.jp/hirameki


 これまでGUGEN2014では、アイデアを生み出す場として、全国各地の自治体と連携して以下の4つのハッカソンを開催してまいりました。

・4月13日(日)
GUGENxコクヨ・ワコムハッカソン「未来の会議」(東京)
・6月7日(土)~8日(日)
GUGENx大阪イノベーションハブハッカソン「未来の防災」(大阪)
・6月28日(土)~29日(日)
GUGENx福岡市ハッカソン「未来の食卓」(福岡)
・7月12日(土)~13日(日)
GUGENx横浜市ハッカソン「未来の宇宙」(横浜)

 これらのハッカソンでは、延べ約100名以上のエンジニアやデザイナー、企画/プランナーなどの方々にご参加いただき、各テーマに関する課題を解決するハードウェアの種が生まれました。

 「Hirameki」はこれまで開催してきたハッカソンの決定版となるイベントで、GUGEN本体コンテストのテーマである「未来のふつう」となり得るハードウェアの種を生み出すことを目標としています。これまでのGUGENハッカソンでは毎回テーマを特定してきましたが、「Hirameki」ではとくにテーマを設定していません。開催期間中、世の中に存在する課題であれば何でも自由に、課題解決するためのハードウェアのアイデアを生み出し、プロトタイプを制作するまでを目標としています。

 対象となるのは、「未来の宇宙」を創造する新しいハードウェアの開発に興味のあるエンジニア、デザインを革新したいデザイナー、夢のアイデアに溢れるアイデアマンの方々です。未解決のさまざまな課題を解決できる新しいハードウェアの開発に関わりたい方であれば、誰でも参加できます。


 優勝チームには賞金30万円および試作開発資金の70%以上を支援いたします。ほかにも開催期間中に生まれた優秀アイデアには、具現化に向けてGUGEN実行委員会がプロトタイプ開発を支援いたします。さらに、8月~11月にかけては各種無料セミナーや勉強会を開催し、12月に開催する「GUGEN2014」コンテスト展示会/授賞式を目指していただきます。課題解決型ハッカソン「Hirameki」は、画期的なハードウェアのアイデアをお持ちになっているすべての方々のご参加をお待ちしております。

@Press

トピックスRSS

ランキング