テイクアウトでも、ワインのつまみでも!厳選「信州産」朝挽そば粉で作る本格ガレットを驚愕500円で!7月30日(水)、恵比寿に「GALETTE STAND」オープン

@Press / 2014年7月30日 10時0分

店舗写真
東京で本格バル「ビストロ ヴァンテオ」を4店舗展開している株式会社ティクリエ(代表取締役:仲道敏夫、所在地:東京都渋谷区)は、厳選した信州産玄そば粉を使った本格ガレットを驚愕のワイコインから楽しめる「GALETTE STAND(ガレットスタンド)」を2014年7月30日(水)にオープンします。

フランスの国民食であり、日本人に馴染みのあるそば粉を使ったガレットは、格式ばったものではなく、日本蕎麦のようにもっと手軽に・身近に楽しむべきだと考え、昼は「テイクアウト」や「ランチ・カフェ」として、夜はこだわりの信州牛や野菜を用いた「ビストロの1メニュー」として2つの顔で楽しめるようにしています。テイクアウトのハンバーガーのように、また、ワインのおつまみとして、気軽に本格ガレットをお楽しみいただけます。


<おすすめガレットメニュー>
●コンプレット(ハム、卵、グリュエール)
●ユイットル(カキ、ほうれん草、グリュエール)
●サンジャック(ホタテ、長ネギのクリーム煮)
●キャトルフロマージュ(ブルーチーズ、パルメザンチーズ、カマンベール、
            グリュエール、ハチミツ)

女性が喜ぶデザートガレットも3種類ご用意
(塩キャラメル、チョコバナナ、フレッシュオレンジ)

※その他、店内では随時10種の味が楽しめます!


■『GALETTE STAND』の特長
(1) 驚きのワンコイン500円!
ガレットは少し上品な食べ物というイメージを持たれていますが、日本においてガレットと同様の「そば粉」を使った料理は、古くは「そばがき」、江戸時代からは「そば切り」など、以前より日本人のファストフードとして愛されてきました。ガレットスタンドは、ガレットを日本の新しいそば粉の食べ方として、ゆくゆくは日本の国民食にしたいという想いで、原価割れ覚悟でワンコインを実現します。

(2) テイクアウトガレット
「シェ・イノ」や「ボン・ファム」などの老舗フレンチレストランで修業を積んだフレンチビストロの先駆者「仲道敏夫」が1年かけて開発。ランチ・カフェタイム限定で販売します。通常、ナイフとフォークで食べるガレットを片手で気軽に食べられるようテイクアウト用にアレンジし、今までにないガレットスタイルが気軽に楽しめます。

(3) 本格こだわり国産素材のガレット
信州(長野県飯島町)の契約農家から仕入れる自然派農法の厳選した玄そばを使用して、店内の石臼で丁寧に挽いたそば粉を使用します。挽き立てのそば粉は大地の香りが感じられ風味の高い仕上がり!オリジナルの配合で生地を仕込み、店内に設置した3台のフランス直輸入のガレットマシンで一枚一枚丁寧に焼き上げます。熟練のクリーピエ(クレープ職人)が絶妙な焼き加減で作るパリッとした食感のガレットは味も格別です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング