ブライトコーブ、動画再生クライアントとサーバーサイド広告挿入の独自のハイブリッド アプローチを発表 ビデオ マネタイゼーションの最大化を支援

@Press / 2014年9月12日 10時30分

 動画関連クラウド サービスの世界的大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下「ブライトコーブ」)およびブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:伊崎 洋児)は、世界大手のメディア企業とパブリッシャー向けに、市場で最も高速なプレーヤー管理システムを使用したクライアントサイド、サーバーサイド、またはハイブリッド広告挿入ソリューションを発表しました。ブライトコーブの最新の製品、Perform(別のリリースを参照)は業界をリードするプレーヤー技術、Brightcove Onceのダイナミックでインタラクティブなユーザー エクスペリエンス機能、サーバーサイドの広告挿入技術を特長としています。これにより、パブリッシャーは広告掲載可能な動画によるマネタイゼーションを最大化し、アドブロッカーの拡大という問題を回避しながら、閲覧数と広告視聴完了率の向上につなげることができます。

 この新しいソリューションは、総合的なサーバーサイド ソリューションに、充実したクライアントサイドのユーザー エクスペリエンスを組み合わせることで、パブリッシャーがクライアントサイドからインタラクティブな広告機能と機能豊富なユーザー インタフェース(UI)を提供できるようにしています。また、ダイナミックなサーバーサイド広告挿入や自動再生も可能です。これにより、拡張広告ユニットやPPC(ペイパークリック)モデルでの新たなマネタイゼーション機会が生まれます。さらには、クライアントサイドのビーコン機能など、業界をリードするアナリティクスにより、広告のレポート、監査、パーソナライゼーション機能も向上します。また、収益の逸失につながるアドブロッカーを回避し、プレーヤー コントロールを非表示にすることで早送りを防止します。さらには短編/長編コンテンツへのミッドロール広告挿入をサポートすることで、広告オペレーション チームがデバイスごとの最新インベントリに基づき、ユーザーにカスタム広告を配信できるようにしています。

 Brightcove Performは業界最速のプレーヤーと、動画の作成および管理用の高性能なツールを提供し、市場投入することに貢献します。各種デバイスでのHTTP Live Streaming(HLS)動画再生をサポートし、各種SDK、プラグインの他、プレーヤー管理を簡略化してくれるAPIも含まれています。OnceとPerformを組み合わせることで、広告挿入と再生のための最高技術が結集されます。その結果、パブリッシャーはデバイスごとに異なる戦略を柔軟に適用して、マネタイゼーションを最大化できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング