世界的に有名なモン・サン・ミッシェルの“ふわふわオムレツ”が西日本初進出!年間2千万人の集客を見込む新商業施設「イオンモール岡山」に『ラ・メール・プラール イオンモール岡山店』が12月5日(金)OPEN

@Press / 2014年10月30日 17時30分

4階フードコートイメージ/7階のレストランフロアイメージ
「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」をコンセプトに、関東・関西でレストラン・バーなどを248店舗(受託運営店舗含む)経営する株式会社ダイナック(本社:東京都新宿区新宿1-8-1、代表取締役社長:若杉 和正)は、2014年12月5日(金)、岡山県岡山市にオープンする大型商業施設『イオンモール岡山』に「ラ・メール・プラール イオンモール岡山店」を出店いたします。


◆『イオンモール岡山』に西日本初の「ラ・メール・プラール」を出店◆
中国四国地方の交通の要衝として、ひと・文化・情報のクロスポイントである岡山県の玄関口「岡山駅」から地下道直結徒歩5分に「イオンモール岡山」がオープン。地上8階、地下2階の建物は、延床面積が約25万平方メートル、売場面積は約9万2千平方メートルと中国四国地方最大級を誇る商業施設です。
専門店は356店が集まり、そのうち約7割が岡山県初出店。シネマコンプレックスや多目的ホール、岡山のものづくりが体験できるエリアなどを配し、県内外から年間2千万人の集客を目指しています。

飲食店は4階のフードコートと6階~7階のレストランフロアを中心に全66店舗が出店し、西日本初出店や新業態、岡山県の地元企業による出店など、バラエティーに富んだ飲食店が揃っています。6~7階の大規模なレストラン街は、中国四国地方最大級の店舗数となる全39店舗が出店します。その中でも注目を集めているのが、西日本初出店となる当社の「ラ・メール・プラール イオンモール岡山店」です。「ラ・メール・プラール」の魅力を日本国内に広めるには最適な話題のスポットだと考え、この度「イオンモール岡山」への出店を決めました。「ラ・メール・プラール」はこの先も4号店・5号店の展開を予定しています。

(左)4階フードコートイメージ
(右)7階のレストランフロアイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/53129/img_53129_1.png


◆「ラ・メール・プラール」とは◆
今回の出店で国内3号店(※1)となる「ラ・メール・プラール」は、1888年に創業者のアネット・プラールが、モン・サン・ミッシェルで宿屋を開き、およそ700ものレシピを完成させ、巡礼者に特別な料理を提供したのがはじまりとされている人気ブランド。世界中がその料理のクオリティーの高さを絶賛し、現在では、ユネスコ世界遺産に登録された年間350万人が観光に訪れるモン・サン・ミッシェルの地で、120年以上の歴史と伝統を受け継ぐ有名カジュアルフレンチレストランとして認知されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング