家電製品アドバイザー資格・家電製品エンジニア資格 快挙!391名が難関の『エグゼクティブ等級』に合格!!

@Press / 2014年11月4日 18時0分

資格案内
 家電製品の基礎知識・最新知識を持ち、消費者の皆さまに正しい商品選択やエコで安全な使用方法などをアドバイスする「家電製品アドバイザー資格(※1)」、同じく家電製品の基礎理論と動作原理などを理解し、家電製品のセットアップやトラブルを解決する「家電製品エンジニア資格(※2)」は、2001年(平成13年)にスタートし、年に2回の全国統一試験を実施、これまで延べ約15万人の合格者を輩出してきました。本年9月に実施された第27回全国統一試験には、総勢約8,400名が受験。アドバイザー資格に延べ2,934名、エンジニア資格にのべ112名が合格し、11月1日付で新たに資格の認定を受けました。

 また、資格取得者のなかでも最上級の知識保有者であることを証す『エグゼクティブ等級(※3)』の試験は、今回で3回目(第25回試験より導入)となりますが、過去最高の391名が合格し、受験者全体のレベルアップを物語る良好な結果となりました。なお、エグゼクティブ等級の合格者累計は今回の合格者を含め、延べ524名となりました。
 今回の試験の合格者は11月1日より、家電製品アドバイザー・同エンジニアの真新しい認定証を胸にお客様に対応しますが、エグゼクティブ等級の合格者は「漆黒デザインの認定証(プラチナグレード)」もしくは「金色に輝く認定証(ゴールドグレード)」を着用し、お客様からも一目でその存在が分かるようになっています。

※1 家電製品アドバイザー:家電の販売・接客のプロフェッショナル資格
   http://aeha-nintei.com/shikaku/index.html#a1
※2 家電製品エンジニア:家電の設置・トラブル対応のプロフェッショナル資格
   http://aeha-nintei.com/shikaku/index.html#e1
※3 エグゼクティブ等級
   http://aeha-nintei.com/shikaku/exective.html


 本格的なデジタル化・ネットワーク化の時代を迎え、高度に発展を続ける家電製品に対応できる人材の育成は益々重要な課題となっています。上述の資格制度を運営する一般財団法人家電製品協会 認定センター(所在地:東京都千代田区、センター長:森 拓生)は、家電販売・サービス等に関わる皆さんと共に、さらに消費者の皆さまに信頼され、最高のサービスを提供できる家電製品アドバイザー・エンジニアの育成を進めて参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング