JACET-IIBC共同研究プロジェクト「企業が求めるビジネスミーティング英語力」調査報告書が完成

@Press / 2014年11月20日 10時0分

アンケート調査項目
日本でTOEIC(R)プログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、一般社団法人 大学英語教育学会(JACET)とビジネスの場で使われる英語(EBP=English for Business Purposes)に関して、2012年4月から2014年3月にかけて「企業が求めるビジネスミーティング英語力」の調査をアンケートとインタビューで行いました。
英語の必要性が急速に高まる中、日本企業においてミーティングにおける英語スキルの必要性が指摘されているという背景をうけ、実際に業務で英語を使用している部署の管理職に対してWEBアンケートを実施したものに加えてインタビューを実施し、その調査結果と提言を報告書にまとめました。主な調査結果は以下の通りです。


【アンケート調査のまとめ】
■多くの部署が現在の英語レベルと到達したい英語レベルのギャップを抱えている。
■英語会議は対面が主流だが電話・テレビ・ネットも増加傾向、ネイティブは多数派ではない。
■複雑なタスク・ニュアンスを伴う表現・多様な英語・瞬時の判断を要する場面などが困難の源。
■一般的な英語力向上は必要条件だが、それだけでは課題は解決しない。
■管理職者は、部署内の現在の英語のレベルは、「はっきりとした話し方や発音であれば基本的なやり取りや議論はできる」レベル(CEFR※ B1)であるが、「活発で複雑な論議についていき説得力を持って見解を示せる」レベル(CEFR B2.2)まで到達したいと考えており、現実と理想との間にギャップが存在している。
※CEFR:Common European Framework of Reference、ヨーロッパ言語共通参照枠


【インタビュー調査のまとめ】
■ビジネスパーソンは職位や経験年数に応じて、英語の困難について異なる認識を持っている。
会議の困難の度合いは、職位(ジュニア~シニア~マネージメント)、あるいは経験年数により、視点が異なるという新たな知見を得ることができた。職位のそれぞれの段階で求められているスキルは異なっていて、ジュニアクラスでは自分自身の英語力を鍛えること、シニアクラスでは会議のファシリテーションができるようになり、双方向性の議論へと深化させるための、より洗練された英語表現を習得していくこと、そしてマネージメントクラスでは、会議を離れた場での信頼関係の構築など、仕事で使う英語とはまた異なるレベルの英語が求められる様子がわかった。

@Press

トピックスRSS

ランキング